PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレミアムSUVは、なぜデカイ?    <クルマ研究室>

カイエン 

’02年に登場したポルシェ・カイエンは、VWとの共同開発で抑えた価格も幸いして、低迷していたポルシェ社を救う立役者となったのだが、なんともデカイ。 5人しか乗れないのに 4810×1930×1700mm、重量は2.3トン!  

お仲間のレンジローバーは、もう一回りでかくて2.5トン! BMW X‐6など、プレミアムSUVと言われるクルマは、どれも鬼のようにデカイ。 おしゃれなレディが運転するレンジローバーを見かけても、トラックと紙一重に見えちゃうのは、所長のひがみ。

レンジ

これらのSUVは、アメリカで売るための商品なんだけれど、道が広いだけではないアメリカ特有の国民性が、デカさの秘密なんだね。  

アメリカという国は、建国以来、何か解決すべき課題に出会うと必ず、「大きくする」という方法で解決してきた国だ。 もっと快適にハイウェイを走りたい? だったら大きいクルマにしましょう。 出足がちょっと? じゃあ6リッターV8積みましょう。 冬は寒いねぇ、それじゃあ地下室にでっかいボイラー付けて、家じゅう温めましょうというぐあいだから、家もクルマも街も冷蔵庫も、何もかもデカくなった。 

日本人が、小型化で進化してきたのとは、ま反対。  アメリカでは、「デカイ=エライ=高級」が常識で、その国民性のためにSUVは、こんなにデカくなった。

X6 

荒野の中でクルマに命を預けるなら、みんなでっかいランドクルーザーを選ぶだろうけど、アメリカじゃあ、命を預けなくったって、でかくなけりゃあ、高いお金は払わない。 今は、お金がないから、ちっちゃなプリウスで騒いでいるけど、本音は貧乏くさいって思っているに違いないね。

 荻窪生活研究所

スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/94-782332dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。