PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スバルのAWDの秘密  <クルマ研究室>

IMG_1482.jpg

スバルは、4輪駆動をAWD、オールホイールドライブ と呼びます。
4輪駆動のメリットというと、すぐに悪路の走破性が浮かびますが、実はオンロードの安定性にこそ大きなメリットがあるというお話です。


自転車に乗っている時に、惰性で坂を下って行く時よりもペダルをこいで走っている時の方が、フラフラせずに安定しているというのは、誰でも経験があると思います。
車輪は、駆動力がかかって自分で進もうとしている時のほうが、路面の凸凹など、外乱の影響を受けにくいからです。
 
FFのクルマでは、前輪は行きたい方向に駆動しているので安定していますが、後輪は、それについてくるだけなので、いわばリアカーを引っ張っているような状態。 
路面の凸凹で、後輪があっちこっちに暴れようとするのを、2つの前輪が無理やり引っ張ります。 
最近のFF車のリアサスペンションのスタンダードであるトーションビームのリジットアクスルでは、まさにリアカーに車体が乗った状態です。

4輪すべてが「こいで」いればまっすぐ進む、これが4輪駆動の優れた直進性の秘密です。
 
一方、アクセルを戻して駆動を減らしたりやめたりすると、エンジンブレーキがかかります。
FF車では当然前2輪にエンジンブレーキがかかるのですが、後輪は路面どうりに暴れながら転がり続け、前輪に早くいけよと突っかかります。
これが4輪駆動車では、4輪すべてにエンジンブレーキがかかりますから、その安定性は比べ物になりません。

高速道路などの直進主体の走行でも、クルマはたえず加減速を繰り返していますから、4輪で駆動することが高い直進安定性を見せるのはこんな理由です。

IMG_1459.jpg
 
コーナリングでもFF車は、前2輪が曲がる方向に車体を引っ張って行くわけですが、後輪はまっすぐ行きたいのを前輪に引きづられて、やむなくついて行きます。
スバルの4駆では、リアサスペンションは独立懸架で、コーナリングで沈み込んだり伸びたりしたときに「曲がるのを邪魔しない方向」に角度がつくようなアライメントの工夫がしてあります。
大げさに言えば、4輪で曲がりたい方向に駆動しているということですから、2輪駆動に比べて旋回安定性でもアドバンテージがあるわけです。
 
IMG_1510.jpg

VWやアウディ、ベンツ、BMWなどヨーロッパ車に多く採用されているハルデックスの4輪駆動システムでは、リアにトルク配分が必要と判断した時にはリアにも駆動力を配分しますが、通常の走行では限りなくFF車に近い、前100%:後 0% といったトルク制御が多くみられます。
これは主に燃費を稼ぐのが目的で、4輪駆動の必要性自体が、降雪や悪路といった非常時用という考え方が根底にあるようです。

ところがスバルは、数種類持っているどの4駆システムでも 、前 60%:後 40% 以上には前よりにトルク配分はせず、常に4輪で駆動することでスタビリティを優先しようというポリシー、引き換えに、ご存じのとおり、改善したとはいえ燃費性能はほめられたものではありません。


 Xモードなどの悪路走破性に目が行きがちですが、圧倒的な高速安定性と、旋回性能こそがスバルのAWD 独特の世界観、母屋の高いアウトバックと言えども、それをはっきりと感じさせる操縦性が、今回のクルマ選びの決め手であります。



 荻窪生活研究所

スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/620-e14fd77a

TRACKBACK

http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/

スバルのAWDの秘密  <クルマ研究室> - 荻窪生活研究所 

| http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/ | 2016/12/30 05:27 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。