PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はたしてレヴォーグは、レガシィ後継なの? <クルマ研究室>

le1.jpg

目前に迫った定年リタイヤに備えて、今回のクルマ選びは「遠出が楽しくて、寝られるクルマ」というのがテーマです。 
ところが、セダン並みの運動性能で、いざとなったら車中泊もこなせるワゴンというのは今や絶滅危惧種、ミニバンの運転手などするつもりはないので 困ったもんです。

古くは、レオーネツーリングワゴンに始まって、レガシィツーリングワゴンを2台、スバル史上最高傑作と言われた4代目レガシィのB4は、2.0R、 3.0R specB  2台をMTで乗り継いだスバリストですから、レガシィツーリングワゴンの後継という肝入りで登場したレヴォーグには、いやがうえにも期待が高まります。 
得意の年次改良でB型に進化したというので、さっそく試乗をしてきました。

2リッターターボで300馬力のAT車という「2.0GT系」は、今どきどうかと思います。
それじゃあパワーに隠れてクルマの良し悪しもあいまいになるだろうと、ダウンサイジング1.6リッターターボのベースグレード「GT」で、出来を確かめます。

le10.jpg

エクステリアは、デビュー当初の印象と変わらず「ガンダム風」、時間耐久性が短かそうな、今どき風な「顔」や「おしり」、若いデザイナーの仕業でしょうね。
ドアのウィンドウモールだけにメッキ加飾されていたり、Aピラーの根元とドアの取り合いが妙な切欠きであったり、つじつまの合わせ方が練れていない印象です。
途中で、BPレガシィワゴン(4代目)と信号待ちで並びましたが、今見ても古さを感じないハイレベルなデザインです。

運転席に座ると、標準のファブリックシートはソフトで、お尻と腰が沈み込み、前かがみの姿勢となって具合がよくありません。 
ビルシュタインダンパーのSグレードでは、シートやドアパネルやステアリングのステッチがブルーになります。 なぜかスバルは、ブルーがイメージカラーだと勝手に思っている節がありますが、このブルーに魅せられるお客より、ブルーがいやであきらめるお客のほうが、はるかに多いように思います。

le6.jpg

ステアリングは、悪評高いプジョー208の小径ハンドル的に小さな変形Dシェイプです。
スポーティさを狙ったんでしょうが、9時15分をしっかり握って山道を攻める分には良いのですが、下半分に手を添えて、腿やドアの肘掛けに肘を置いたリラックスした巡航ポジションが取れず、腕、肩がつかれます。 Dシェイプと小径が原因で、脇をしめると届かないんです。 

「どうして送りハンドルで違和感が出るのにDシェイプにしたの?」と営業さんに尋ねると「膝にぶつからないようにです」なんだそうです。
もし本当にそんなことを言う顧客がいるのなら、「それはチルトハンドルを下げ過ぎているんですよ」と注意してあげてほしいものです。 
ポルシェにしろBMWにしろ運転をまじめに考えるクルマのハンドルは、かならず真円をしています。 
それでもDシェイプを希望されるのなら、オプションで用意すればよいことで、まさに本末転倒です。

le5.jpg

加えてこの変形ステアリングは、グリップが極太で真ん丸に近い断面なのもいけません。
握手をするように自然に手を前に出せば親指と手の指の間は、前後に長い楕円形になります。 
ステアリングの断面はそういった形であるべきなのですが、丸く極太な断面のステアリングでは、無駄な握力が疲労を誘い、女性には特に使いにくいものになっています。
レヴォーグの運転環境の不自然さのほとんどは、この小径過ぎるうえに、変形で、不適切な断面のステアリングが原因です。

スバルのペダル配置は、昔からアクセルに比べてブレーキが近かめですが、アイドリングストップをさせる踏みましをするためか、一層手前に来ていて、かかとを付けたままアクセルとブレーキを行ったり来たりするのに疲れます。 まあアクセルにかぶせものをして調整すればいいんですが。
インテリアのデザインやクオリティうんぬん以前に、運転環境の基本がスバルらしくありません。 勢いでまとめたという印象がします。

le3.jpg

インテリアは、基本的にインプレッサですからデザインのクオリティも素材の質感も、スイッチ類の節度感もそのようなものです。
ウィンドウのサッシの内側の溶接あとがむき出しで、ほんの一部だけ申し訳程度のシールで隠してあったり、チルトステアリングとダッシュボードの隙間を埋めるのは、ナイロンのような前掛けというありさま。 
 
また、フロントドアにはペットボトルがたくさん入るようにと、大きな口を開けたポケットがあるのですが、その景色は、開けっ放しにした冷蔵庫のドアのようです。 スバルは、ペットボトルが入るかどうかで選ばれるようなクルマなのかどうか、議論しなおしてほしいものです。

2.0GT-Sあたりだと、ちょうど同じ価格帯になるニューパサートヴァリアントなどと比べると、スバルは何を思うのでしょうか。

le2.jpg

さて、走り出せばそんな不満も忘れるほどに、走りのスバルに仕上がっています。
とても素直なハンドリングは、街中では、思うよりほんのすこし進んで曲がるしつらえがしてあるようで、まさに思いえがいた通りに曲がるという印象を与えてくれます。 
サスペンションも、ひところのニュルブルクリンク命といったツッパリ感は影をひそめて、穏やかにギャップをいなしてくれます。

高速道路は、ときおりゲリラ豪雨も混じるあいにくのコンディションでしたが、スバルの4駆独特の圧倒的なスタビリティで、クルマが意思を持っているように直進します。 
欧州での発売に向けて防音をやり直したというだけあって、雨の中、140~150km/hあたりの巡航も、高い静粛性が手伝って何のストレスもなく、これは大したもの、他では得難い安心感です。

le7.jpg

インターチェンジ出口の深く曲がり込むカーブや山道では、このクルマの本領がいっそう発揮されます。
ブレーキを少し残して前荷重ぎみにステアリングを切って行くと、4輪が均等にうずくまり、4つのタイヤそれぞれがコーナリングフォースを発生して曲がって行くさまが、シートを通して手に取るように伝わってきます。
コーナリング中の荷重、抜重で旋回の軌跡を自由にコントロールすることができますし、各タイヤのグリップの残量がとてもイメージしやすい。 やはりコーナリングのための4駆の制御は、スバルが世界一だと再確認させてくれます。

le9.jpg

問題のCVTのミッションは、走り出しと止まる寸前に特有のメカニカルノイズが残っていて、先日試乗した新型レガシィほどの洗練はありません。 
古くはジャスティ以来の歴史を誇るスバルのCVT、使わないギアを回していなくても済むという技術的な理想は理解できますが、成熟への道は、まだまだ険しいように思います。

燃費は、一般道と高速を取り混ぜてリッター11kmほど、同じルートを研究所のRCZ(MTではありますが、ちょうど同じ1.6リッターダウンサイジングターボ)では、リッター17km前後は走りますから、依然としてほめられたものではありません。

le4.jpg

レヴォーグは、スポーツ4駆というスバルの技術力の高さを再認識させてくれた一方で、これはあくまで良くできたインプレッサのワゴンであって、残念ながらデザイン、質感、こころざし、煮詰め方など、どこを取ってもスバルのフラッグシップであった4代目BPレガシィツーリングワゴンの後継などではありませんでした。

私を含めて、4代目BP/BLレガシィを最後に離れていったスバリストが数多くいますが、あれから10年が経っています。 
新たな顧客層の開拓が大切なこともよくわかりますが、「あれから10年たって、目も肥えた旧来からのスバリスト」に向けて、もう一度上質なツーリングワゴンを作ってはもらえないものかと、切実に思います。

とても辛辣な内容になってしまいましたが、これがスバルを愛するスバリストの率直な感想であり、希望であります。

さて、残る候補は、レガシィアウトバック、背が高くなけりゃあすぐにでも欲しいんですが、どうなることやら・・・・





  荻窪生活研究所 














スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かにインプレッサです

褒め称える記事が多い中、正にその通りだと思い読ませていただきました。
この車はインプであり、レガシィには到底なれません。サイズが…という方がいますが、あのデカイミニバンがうじゃうじゃしている昨今アウトバックぐらいの大きさのワゴンはそんなに不評ですかね?
現行レガシィはセダンとアウトバックしかありませんが、是非ともツーリングワゴンを復活させていただきたいものです。
アウトバックのゴツゴツした外装が好きじゃなくて(笑)

| 元スバル好き | 2017/05/21 20:37 | URL | ≫ EDIT

Re: 確かにインプレッサです

アウトバックに乗り始めてはや1年半が経ちました。 山道での腰高感にも慣れて、静かなクルージングが絶品です。 余裕のボディサイズで、どこへでも行けるぞ感はシニアにピッタリです! 

| 所長 | 2017/05/29 11:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/610-b33923cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。