PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンセントベース続報 こりゃ手ごわい <オーディオ研究室>

IMG_0684_201504071151379cd.jpg

先日、壁コンセントにアコースティックリヴァイブのコンセントベースCBー1DBを取り付けて、いままで埋もれていたような細かい音が聴き分けられるようになって、ニュアンスがぐっと進歩した研究所のオーディオでありましたが、聴き込むにつれて、ちょっと困ったことが・・・・

まるで初心者のような表現ですが、「高音がきつくて刺激的」っていうのが気になり始めてしまいました。 
ボーカルはもちろん、ストリングスもブラスも刺激的。
これどっかで付帯音が乗っかっちゃってるな。

IMG_0680_20150407115141aae.jpg

まずは、コンセントプレートを取り外してみますが、変化なし。
次は、コンセントベースやコンセントユニットを留めているビスの締め付けをゆるくしたり、きつくしたりしてみます。
意外に締め付けトルクが音に出ることがありますからね。
・・・・・が、残念! 改善なしです。

では、コンセントベースとコンセントユニットの間にポリカーボネイドの板をはさんで、ビスもポリカーボネイド製に替えてみます。 
カートリッジをヘッドシェルに付けるときに効果が出ることのある対策ですが、
・・・・・かなり、ましにはなりますが、やっぱりきついです。

さて困った。 
共振に効果的なアコリバのクォーツレゾネーターQR-8をコンセントベースとコンセントユニットに貼ってみます。 
おおっ、かなり改善されますね、・・・・・でもやっぱりきつい。
明瞭すぎて人の声にリアリティが足りません。

IMG_0679_20150407115140a36.jpg

そろそろネタ切れ・・・・・・・

重量のあるコンセントベースを付けて、壁とコンセントユニットを制振することで、SN感がぐっと上がり、細かい解像度が上がるのは間違いないのですが、コンセントベースとコンセントユニットの共振モードの相性が悪いのか、高音域に乗ってしまうキツサを取りきれません。

200Vってのも影響してるのかね?
これ以上いじくると訳が分からなくなるのがパターンですから、振出しに戻ってコンセントベースを外します。

うん、落ち着いて自然なリアリティ。 

このころには、かなりカリカリ来ていますから、とりあえずホッとしたところで、頭を冷やして考えるとします。
やれやれ・・・・・・

 



 荻窪生活研究所 IMG_0676_20150407115138831.jpg
 
スポンサーサイト

| オーディオ研究室 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コンセントベース

残念ですね。
木製だと良かったかも。

| シマ | 2015/04/11 23:41 | URL | ≫ EDIT

Re: コンセントベース

シマさま

負けないぞ!!
かかってこいや 壁コンセント!

| 所長 | 2015/04/13 10:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/594-1fafa5b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。