PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またしても 由紀さおりさんに うっとり <音楽研究室>

yuki1_20141007151728152.jpg

由紀さおりさん45周年記念コンサートツアー「偶然の結晶~45年の歌声」がスタート、台風18号の大雨の中、さっそく松戸市森のホール21へ行ってきました。


春には六本木EXシアターで、猿之助プロデュースの周年コンサートがありましたが、今回は、秋元康プロデュース、ちょうど発売となったアルバム「VOICE」もフューチャーしています。


yuki2_20141007151408528.jpg

手紙、生きがい、ルームライトと「どまんなか」の選曲で幕を開けて、「四つのお願い」「どうぞこのまま」など70年代昭和歌謡を代表するあの曲この曲が続いて、シルバーのドレスがスポットライトでゴールドに浮かび上がる由紀さんに見とれながら、オールドファンは大興奮。


今日のゲスト、お姉さま安田祥子さんが登場しての童謡メドレー、ハーモニーの美しさにいまさら聴きほれて、生で聴くトルコ行進曲は、あまりの迫力に鳥肌が立ちます。

yuki4.jpg

インターミッションをはさんでの2部は、ダンサーたちをバックに黒のパンツスーツで由紀さん登場。 
TOKYOバビロンやうふふなど、70年代後半のヒット曲をアップテンポなダンスアレンジでステージせましと歌って踊ります。

もちろん、今や持ち歌みたいなブルーライトヨコハマやマシュケナダ、You'd  be so nice to come home to も。
今夜は特別に生き生きとしていて、30年は若返った由紀さんを見ているようです。 
そして、アンコールはアカペラで。 

yuki5.jpg


今更ですが、由紀さおりさんってホントに歌が上手、間違いなく現役最強。

音程が恐ろしく正確で、倍音のたっぷり乗った魅力的な声で、声量もあって、なにより言葉ではうまく説明できない表現力というか、歌の主人公の情念の込めかたがすごい。 
フェイクも入れずに正確にメロディをたどっていくのに、この感情はどこから来るのでしょう? 
ただ歌がうまいっていう歌手とは世界が違う円熟のエンターティナー、このプロフェッショナルさに今夜も息を飲みます。


カラッとおしゃれでかっこい歌謡曲に、歌謡曲テイストの素敵なジャズナンバー、最近のヒット曲とは違ってなんてゴージャスで贅沢なメロディラインなんだろうと、うっとり聴き入ったあらしの夜でした。

 




 

  荻窪生活研究所  yuki3_201410071514092e0.jpg


スポンサーサイト

| 音楽研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/568-66512190

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。