PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ザッツ・エンターティンメント!な、由紀さおりさん <音楽研究室>

IMG_0906.jpg

由紀さおりさんのワンマンショー、「ドラマチックコンサート2013PANDORA」 は、ライブなんて呼ぶようなお気楽なステージじゃあなくって、まさに練りに練ったエンターティンメントでした。

デビューから44年と聞けば、懐メロ番組で久しぶりに見かける懐かしい歌手の方々が思い浮かびますが、この方は全くの別物、ジャズにボサノバ、シャンソンにもちろん歌謡曲も、第一線で歌い続ける「世界の歌姫」です。

一昨年のピンクマルティニとのコラボで再ブレイクして以来、ボストン、パリ、サンクトペテルブルグと忙しく飛び回る中、デビューからこれまでの自分の人生を、いったん皆さんに見ていただこうと企画したのがこの「PANDORA」とのこと。 

由紀さんの自宅の部屋をしつらえた舞台で、日々の暮らしや、これまでの人生のエピソードを曲に重ねて、しゃべりまくって、歌いまくって、その上イケメンのバレーダンサーを従えて踊りまくります、パジャマ姿でね。
バックバンドは、川口大輔氏率いる、最新のミュージックシーンから選りすぐりの11人のミュージシャン。 3名のストリングスやホーンセッションも加わえて、そりゃゴージャス。

IMG_0911.jpg

ヘレン・メリルのおはこ「you'd be so nice to come home to」から、グレンミラーのスタンダードナンバー「ムーンライト・セレナーデ」 。
シャンソンの定番は、「オ・シャンゼリゼ」に、  60年代のブロードウェイミュージカル・スィートチャリティからは「if my friends could see me now」 
これみんなノラ・ジョーンズあたりとかぶるナンバーですね。
ヱビスビールのCMでおなじみの映画第三の男のテーマ「ウィークエンド」 では、軽妙な小芝居を披露したかと思えば、1930年代からのスタンダードナンバー「9月の雨」 では、見事な早変わりも。

もちろん44年分の持ち歌も、しっかり44曲ヒットメドレーで超特急、よく間違えないもんだ。
なつかしい「ナオミの夢」や、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」はロシアリサイタルバージョンでノリノリ。 カーテンコールは、「スマイル」で締めくくります。

pandora1.jpg

「夜明けのスキャット」の天使のような美声ばかりにフォーカスされがちですが、それだけだと思ったら大間違いのエンターティナー、なるほどこれなら世界にも通用するはずです。  年齢に関係なく、こんなに奥行きの深いシンガーって今の日本には見当たりません。

休憩をはさんだ約2時間を一人でもたせるパワフルさで、赤坂ACTシアター、6日間8000枚をソルドアウト!!  
ぜひ若い世代にも見てもらいたい本物のプロシンガーです。




 荻窪生活研究所  pandora2.jpg
               
スポンサーサイト

| 音楽研究室 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

由紀さおり・ワンマンショ~

これは羨ましい。
由紀さんのジャジーなワンマンショーは拝聴したいものです。
八代亜紀さんのジャズもイケル。(^O^)
実は美空ひばりさんのジャズも素晴らしい。

| シマ | 2013/06/27 20:20 | URL | ≫ EDIT

Re: 由紀さおり・ワンマンショ~

シマさま
60年代の終わりに歌謡曲が生まれる前は、みんなジャズやハワイアンなど洋楽が中心でしたものね。
それにしても、由紀さんの独特のファルセットに、ため息の出るコンサートでした。

| 所長 | 2013/06/28 10:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/487-78992685

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。