PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入門機CDプレーヤーの実力   <オーディオ研究室>

デノン

オバアちゃんのCDプレーヤーが壊れてしまい、お手軽なCDプレーヤーを探すことになったのだけど、いざ探すとなると、もう入門用のCDプレーヤーなんてほとんど売ってない。 いったいオーディオはどうなってんだ?

DENON(我々としては断じてデンオンです・・)にマランツ、ヤマハ、オンキョーくらいしか選べず、 オーディオという趣味自体がなくなろうとしている現実を思い知ることに。 
きっと今の若者には、目の前にサウンドステージが広がるって説明しても、チンプンカンプンなんでしょう。 
それでイイのか iPod?  
やれやれ音楽もシロモノ化か。

定番中の定番、DENON DCD-755SEは、3万円でお釣りが来ましたが、セットコンポとは別次元のしっかりオーディオに浸れる音が出てきます。 この値段にしてハイビジョン映像を見るよう。       
準フラッグシップ機 DCD-SA1は、秋葉原の年末特価で30万円を切るとはいえ、その価格差10倍。  こちらは、ハイビジョン映像じゃなく、肉眼で見るようでありますが、原価の差じゃなくって英知の差といえども、10倍というのは複雑です。 
フェラーリがロードスター10台分ということか?

それはさておき、入門機や中級機コンポを充実させて、こんなびっくりするような音楽の世界を経験できるんだってことを、もっと知ってもらわないと、オーディオに未来はないナ。 どうでもイイような家電チックなハイブリットと、ポルシェ、フェラーリ、マセラッティといった、一般人とは無関係なハイエンドとに二極化してしまったクルマの世界とおんなじです。

  荻窪生活研究所

  

スポンサーサイト

| オーディオ研究室 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/48-e212e5ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。