PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジジイの肌は、東京砂漠   <生活研究室>

fe2.jpg

日々の暮らしには、そこそこうるおいもあると思うんですが、50なかばのジジイの肌には、水分ってもんがまったくありません。

冬場になるとスネやら、わき腹やらがカサカサに乾燥して粉ふいたようになって、我ながらカッコ悪い。 そのうえ、どうかするとかゆいのなんの。 そうそう、ちょうどベルトのあたりや、くつ下の当たるあたりなんかもかゆくなりませんか? 
これ、俗に言う乾燥肌、加齢とともに肌をガードする油分、水分が不足するもんで、「粉ふきジジイ化」するわけです。

今回、「粉ふきジジイ」を解消してくれたのが資生堂のフェルゼア・DX20ローション。
20%も配合した尿素が肌の内部から水分を引き寄せて、肌にうるおいを取り戻してくれるそうです。 2種類のかゆみ止め成分も配合で、かゆみもぴたり。

fe1.jpg

ニベアやムヒ、メンソレータムなどからも同じような尿素ローションが出ていて試したことがありますが、どうも肌が過敏なようで、どうかするとかえってかゆくなったりしてましたが、このフェルゼアはダイジョウブ。 無香料だし、余計なものが入っていないように感じます。

お風呂上りに、ぺこぺこと手にとって身体じゅうにすりこむと、ジジイとは思えないスベスベ素肌、このうるおいが一日中キープ。 快適です!

しかし年を取るってのも、めんどうくさいな。


 荻窪生活研究所  fe3.jpg
スポンサーサイト

| 生活研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/453-51cc5a16

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。