PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

35年前のアームの実力  <オーディオ研究室>

saec1_20120509114949.jpg

DENONの100周年記念プレーヤーDP-A100が快調なのをいいことに、35年前のアナログレコード全盛期のアーム、サエクWE308SXの実力を試すことにしました。

サブアームのベースは、24mm厚のMDFを2枚重ね、足は、5cm角のアルミブロック3本で支え、スパイクで持ち上げます。
加工はいつもの東急ハンズ、いまのハンズの木工加工の精度には舌を巻きます。 接合はネジを使わず、硬度の高いエポキシ系でオール接着します。 
サエクの取り付けナットは、スタビライザーと呼ばれる5cm径の鉄製ブロックですから、このサブアームシステムの総重量はそうとうなもので、まさにびくともしない仕上がりとなりました。

saec2_20120509114948.jpg

さて、いつものZYX R100-02 をセットして出てきた音は、やはりDENONの標準アームに比べて、より静粛で分解能力が高く、定位も明確。 
我が家のサエクは2年ほど前に、フルオーバーホールしていますが、やっぱり70年代の性能って最高だったんですね。 
音ももちろんですが、精度の高さはすばらしいものがあり、ヘッドシェルのチャックの納まりは芸術的でありますし、針圧や高さ調整、インサイドフォースキャンセラーなどの変化がビビットに現れます。

saec3.jpg

もうひとつ発見だったのが、DENONのアームからは、しっかりとデノンの音が出てくること。 サエクのアームに比べると、響きが豊かで、陰影が濃く、奥行き感とハーモニーを美しく聞かせるデノンのあの感じに、このアームはしっかりとチューニングされています。
テクニクス系の成り立ちのプレーヤーとはいえ、このあたりは老舗DENONの意地のようなものを感じさせられました。

しかしこうなると悩みは尽きず、このプレーヤーのアームだけサエクに交換できないものかとか、いっそのこと、アームを追加できる英国のベルトドライブ系に入れ替えようかとか、妄想がアタマの中を駆け巡る日々の始まりであります。 


  荻窪生活研究所 saec4.jpg
スポンサーサイト

| オーディオ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/405-4aef2eee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。