PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グリーンカーボランダムって何だ? <オーディオ研究室>

gc2.jpg

オーディオの音質向上に電磁波対策は欠かせません。 電磁波と聞くと得体の知れないマユツバものというイメージが強いですが、実態は、テレビやラジオの番組を運んでくるあの電波などの総称ですから、けしてオカルトではありません。

「マックスウェルの方程式」などで知られる電磁気学的に説明すると、電流が流れる、つまり電荷が移動すると、電気力線と磁力線のセットが発生するのですが、これが世に言う電磁波であります。 
それがオーディオにどう関係するんだということなんですけど、厄介なことに電流が電磁波を発生させるのと反対に、電磁波は導体、つまり電線に電流を生じさせる力を持っています。 
回路やケーブルの中を流れる電流に電磁波が作用すると、本来なかった電流=信号が加わってしまい、これがわれわれの宿敵「ノイズ」となるわけです。

さて、そこで電磁波を吸収してくれる素材を探すことになるわけですが、多分一番手軽な素材が、このグリーンカーボランダムだと思います。
グリーンカーボランダムは、炭化珪素、シリコンカーバイドと呼ばれる半導体なんですが、黒いザクザクした荒目の紙やすりのあの黒いツブツブです。 
その硬度から、研磨剤や釣竿のSICガイドなどに使われるほか、最近では、パワー半導体などでも注目されています。

これが意外にも電磁波を吸収する、正確には電磁波のエネルギーを熱に変える性質があります。
神保町の神田砥石工業さんでは1kg、2000円、ヤスリの材料なんで砥石屋さんで売ってるわけです。 番手は16番という1~2ミリの荒い粒子、細かいのは利きが悪いそうです。
(神田砥石さんのホームページには、オーデォ用の使い方も解説されてますので、興味のある方はどうぞコチラへ)

gc4.jpg
トランスやコンデンサーの上が効くとの評判ですが、やりすぎは禁物です。

これを100gほど小さなポリ袋に小分けして、ココはと思い当たるところに貼り付けて、変化を聴いていくわけです。
顕著に効果が現れたのが、配電盤のブレーカースイッチのまわりと、壁コンセントと電源プラグの接点。 
音場の奥行きや見通しが良くなり、解像度が上がって、楽器やボーカルのより細かいディテールが聞こえるようになりました。
これらの場所は、複雑な形の導体や接点が入り組んでいますから、相当ぐちゃぐちゃに電磁波が発生して、そのせいで本来の電流にノイズが飛び込んでいたんでしょう。
そう、「つなぎ目」が狙い目です。

gc3.jpg
とりあえずガムテープで貼ってみます。 壁コンセントには、とっても効果的。


気をよくして電源ケーブルをたくさんのグリーンカーボランダムでおおって固めてしまうと、今度は、ぼやっとした力感のない音になってしまいます。

ちょっと難しい話になりますが、電線を電流が流れる時に、その周りには、電界と磁界が発生すると言いましたが、この電界と磁界の存在が、実は電力を運ぶ力にもなっています。 
導体で作った板に穴を開けて通した電線には、とたんに電力が通りにくくなってしまいます。 電流が進むためには、電線の周りがオープンに開けていることが重要なわけです。
シールド素材でガチガチに固めたケーブルの音がおもわしくないのは、こんな理由かもしれませんね。

そんなわけで、過ぎたるは、およばざるが如し、いい加減に見えますが、グリーンカーボランダムの小分け袋を「乗っけてみる」くらいがちょうど効果的なように思います。

ところで誘電率のとっても高い素材として水があるんですが、電気製品に水は禁物なんもので、代わりに水にとっても近いポリマーの保冷剤、これも試してみました。
グリーンカーボランダム以上に変化は大きいんですが、どうも効き過ぎて音の立ち上がりまで元気がなくなってしまうようです。

gc5.jpg
100円ショップの保冷剤、変化は大きいが、使いこなしが難しい・・・・


それにしても、何かを近づけるだけでこれほど音が変わるとは、オーディオはまだまだ奥が深いです。




 荻窪生活研究所  gc1.jpg
スポンサーサイト

| オーディオ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/385-d0691caa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。