PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ特集21 ダイアモンドヘッドに登る!  <旅行研究室>

DSC00294.jpg

ワイキキビーチのバックにそびえるダイアモンドヘッド、高さは、232m、山全体がハワイ州の記念物、駐車場も整備されていて片道40分ほどのハイキングコースになっています。

ワイキキからモンサラット通りを東へ向かうと、15分ほどでダイアモンドヘッドの入り口。  だらだら坂をクルマで上っていき、外輪山を超えるトンネルを抜けると駐車場です。 

P1050544.jpg

ダイアモンドヘッドは、火山の外輪山が残った山で内側の火口跡が、クレーターのようなくぼみになっています。
バスで来ると通りのバス停からけっこうあるな、上りだし、やっぱりクルマがお勧めですね。 
高尾山のように売店や茶店はありませんから、途中のダイアモンドヘッドマーケット&グリルあたりで、水とスコーンなんかを用意して、さあ、出発!

P1050509.jpg
おなじみのダイアモンドヘッドマーケット&グリルのスコーンもって出発!

しばらくは平坦なトレイルコース、舗装もしてあって楽チン。  しばらくすると周りに樹木がなくなって道はつづら折り、子供連れに、じじばば連れ、トレイルランナーなどいろんな人が登って行きます。

P1050521.jpg 

途中のビューポイントで一息入れて、さあこれから最後の難所が「階段」です。
まっすぐ登る心臓破りの階段と真っ暗なトンネルを抜けたら、すれ違いがきついほどのらせん階段が現れて、コレを登るといよいよ頂上に到着です。
 
P1050551.jpg
P1050554.jpg
P1050546.jpg

昔の見張り台のようなコンクリートの展望台は、とってもせま~いから、みんな行儀よく記念写真の場所の順番待ち。
ワイキキを望むベストポイントには、シュワルツネッガーばりのマッチョマンがいて、この山の説明をしてくれているんですが、あんたがそこにいるから写真が取れない!
でも、まじめなシュワちゃんは、きっちり説明し終わるまでは、ベストポイント仁王立ちです。
 
P1050539.jpg
ワイキキを一望!

P1050542.jpg
ダイアモンドヘッドはいい波きてます

P1050541.jpg
シュワちゃん、じゃま!

西にワイキキを見渡す絶景、真下はダイアモンドヘッドの真っ青なサーフポイント、汗をかきかき登った甲斐があります。 ホテルに帰ってバルコニーからダイアモンドヘッドを眺めれば、「あそこまで登ったのかぁと」感動すること請け合いです。




  荻窪生活研究所  P1050570.jpg
スポンサーサイト

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/333-c0170752

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。