PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ特集 17 チャイナで行くホノルル <旅行研究室> 


キレイどころがお出迎え、ただし看板

今、東京からホノルルへ飛んでいるエアラインは、日本航空、全日空、デルタ、ユナイテッド、チャイナ、に羽田発のハワイアン航空、一体どれがいいのやら?

今回は、久々にチャイナを試してみました。
数年前、まだ羽田発着のころ、台北からの飛行機が遅れて、出発が5時間遅れ!! 散々な目にあったことがあります。 
成田発着に変わった今も、台北~成田~ホノルルの運行はそのままなので、オンタイムで出るかどうかは台北しだい、これが一番のウィークポイントです。

ci7.jpg

機材は、ボーイング747ジャンボ、年季は入っていますけど、キレイに手入れされて座席の間隔は、JALやデルタより広めです。
ちなみに、747のエコノミーゾーンで一番快適なのが、最後部の窓側2人掛けの席、59、60番あたり。3人掛けが2人掛けに変わるところで、足元広々、予約の際にはお勧めです。

ci3.jpg

やれやれ、デルタ同様、チャイナもハワイ便には座席のビデオモニターはありません。 行きはよいけど、帰りは退屈だ。
キャビンクルーは、みなさん美人でスタイル抜群、4~5人の日本人クルー以外でも日本語ペラペラ。 台湾では、キャビンアテンダントは花形の職業ですから、おばさんスチュアデスさんはみかけません。

ci6.jpg

離陸後すぐに、ドリンクやスナックが出てきたり、スリッパをくれたりと、いまどきうれしい昔ながらのサービス。機内食もまずまずのAマイナスです。
行きのフライトでは、夕食が遅くて、朝食が早い、つまり寝る時間が短いのが玉にキズ、ハワイ初日から元気に楽しむには、機内食断ったって熟睡しておきたいところですからね。

ci4.jpg
行きのディナーは、ハンバーグ、付け合せの煮物が絶品

ci5.jpg
行きの朝食スナックは手巻き寿司、海老天入り!

ci8.jpg
帰りの普通の朝食、おかゆも選べます
 
ci9.jpg
帰りのランチは、チキンの煮込み、ポテトサラダが旨い

さて、どれを選ぶかハワイ便。 JALはいまやJALウェイズの運行で、期待するほど席も広くないし、機内食もおいしくない。 
デルタとユナイテッドのアメリカ勢は、着けばいいんでしょっていうバスや電車の感覚で味気ない。 
チャイナは、遅れが心配なのと、休みのシーズンは子供連れが多くて、運が悪いとうるさくって眠れないなんて事も。  
残るは、ANAなんだけど、お値段高めだしなぁ・・・

帯に短しタスキに長し、いっそ、8時に着くデルタかJALの早い便にして、成田で夕食食べて乗って機内は寝るだけ。 帰りは、ゆっくり午後便で、夕方成田着なんてのがお得でしょうか?(これがあるのはデルタとJAL)

羽田発着は、クルマがなかなか置けないし、帰りが夜遅いもんだから、ジジイには翌日の仕事がきついです。

次回は、成田駐車場情報!  つづく


 荻窪生活研究所  ci2.jpg 




 

スポンサーサイト

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/329-808bd285

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。