PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

原音再生という矛盾   <オーディオ研究室>

B&W804 

よく耳にする「原音再生」というオーディオの目標は、実際大きな間違いであります。 

レコーディングでは、楽器ごとのマイクでマルチ録音されて、エンジニアが、ボーカルはセンター、右手奥にピアノといったように、彼のイメージするサウンドステージを作りますネ。 つまり、スタジオ収録では、再現するサウンドステージ自体がありませんし、昔ながらのステレオマイク一発録りであっても、それはマイクが拾った音、その場の人の耳に聞こえた音を記録できるわけではありません。 

このようにCDには、もともと再現すべき原音など入っていませんよ。 ショックですか? 
ですからアタマ、つまり脳が思い浮かべる「生の音」に近い音で鳴らすのが、オーディオ趣味なんですナ。  

オーディオ原理主義の方々には叱られますが、これ、極めてバーチャルな仮想的な楽しみであって、目指すべきは正確な再現というより、ドキっとする再生であります。   

次回研究発表は、人の耳は3Dで聞くってお話。    

  荻窪生活研究所

スポンサーサイト

| オーディオ研究室 | 18:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/3-6bad32fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。