PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これぞRCAケーブルの決定版! <オーディオ研究室>

rca3.jpg

個性的なオーディオアクセサリーをリリースするアコースティックリヴァイブ。 極低周波発振装置やマイナスイオン発生器など、難解な製品も数多いんだけど、それならともかく聞いてみてくれと、自社製品の貸し出し視聴をやっています。

メールでお願いしたのは、「シングルコアケーブル RCA-1.0PA」、3日後には新品が届いてビックリ、なんてユーザーフレンドリー、自社製品への自信にあふれています。

rca1.jpg

このピンケーブル、アニール処理をした楕円単線PCOCCで、撚り線の宿命である迷走電流を解決、音質に影響するはんだを使わないネジ圧着式のコネクターを専用に設計し、フレキシブル銅管で念入りにシールドするなど、理詰めで「付帯音ゼロ」を追求しています。 

今までの研究所のピンケーブルは、AETのミドルクラス、これも相当色づけの少ないニュートラルで高解像度なケーブルだと、特に何の不満もなく使ってきましたが、このシングルコアケーブルに換えた途端に唖然。 えっ、こんなに汚れてたのか?!

rca2.jpg

一曲の中に必ず何箇所かはある、びりつきやキツサ、ブーミーになるところなどがまったくなくなって、ソースに記録された正しい信号そのものが聞こえてきます。 
ビックリするような静けさの中に、高精細な音像がぽっと浮かび上がって、いろんな楽器が別々に勝手に音を出し始め、マスタリングエンジニアは、こう作ったんだなと、ミキシングの配置が手に取るように分かります。

今まで、ここはちょっと不満という原因のほとんどがケーブルの付帯音だったのかと、まさに目からウロコ、プレーヤーはいかに正確に再生していたのか初めて確認できました。
信号がケーブルを通過するうちに、いったいどんな理屈でこんなにも変質してしまうのか? 改めて考えさせてくれるケーブルです。

rca4.jpg

定価77,700円は、1mのピンケーブルと考えるとまったく高価ですが、その予算分高いアンプやプレーヤーに買い換えたって、こんなに違いは出やしません。 200Vのアイソレーショントランスを導入したときの衝撃と同じくらいか、それ以上の驚き。
音がよくなるといったあいまいな効果じゃなくって、本来の正しい信号を聞かせてくれるケーブル、この音を聞いてしまうと雑誌の色々なケーブル評論記事がばかばかしい。
こりゃ買わざるを得ません。



追伸 CD系はもちろんですが、フォノケーブルとして使うとその差は、圧倒的です。 いっぽう、アコースティックリヴァイブの同じ単線のピンケーブル「LINE-1.0R」も一緒に拝借しましたが、芯線も構造も異なり、コネクターも通常のはんだ付け。 価格も違いますが音のクオリティは、まったく別物でした。


 荻窪生活研究所 

スポンサーサイト

| オーディオ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/255-19552927

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。