PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おもちが美味しく焼けるトースター <料理研究室>

torster1.jpg

パンやおもちが美味しく焼けるトースター、実はありそうでなかなかありません。

電子レンジ一体型や、スチームオーブン一体型が流行りですが、食パン一枚、切りもち一切れをこんがり焦げ目付きで焼こうとすると、まったくお手上げ。 そういう器具じゃあないんですね、そもそも。

しかし、家電店のトースター売り場は、さみしい有り様で2~5000円程度の中国製のブリキ細工みたいなトースターしか並んでいません。 美的センスゼロ。
その上、安全面から強力なサーモスタットが入っているので、パンも餅も焦げない!
最初はまだしも、2枚目、2回目で庫内が熱い状態からでは、いつまでたっても焦げやしません。 しかも、一年も使うとその傾向はどんどん進行して、いらいらがつのります。

torster2.jpg

お正月を控えて、なんとしても、こんがり焦げ目のついたお餅でお雑煮を食べるため、新調したトースターは、サンヨーSK-WQ31。 やはりネットで7500円ほどの翌日配達。

いままでマイコン制御のトースターなんて信用できないと、シンプルな温度設定のモデルばかりを買い替えてきましたが、これは賢い。
トースト、冷凍トースト、お餅、冷凍ピザは枚数を指定してスタートボタンを押すだけで理想の焦げあがり。 そのうえ焦げ具合を薄めから、濃いめまでノブで設定までできます。 すばらしい。
U字型のヒーターやディンプル加工の内壁など効率アップの工夫もしっかり。

torster3.jpg

これで焼いたお餅の美味しさは衝撃的です。 そとがわはさっくりパリッと焦げていて、内側はビックリするほどふわふわに柔らかい。 味も甘みが増したよう。 こんなに違うもんか、マイコン恐るべし!
トーストのさくっとした焼きあがりも別次元だし、難易度の高い冷凍トーストもマイコン任せでとても冷凍とは思えない。

よく見りゃ見栄えは、ブリキ細工組に近いんですが、ここまで美味しけりゃ文句言いません。 ヘンに気取ったデザイナー家電なんか買うよりも、正月控えて、美味しくお餅の焼けるトースター、お勧めです。


  荻窪生活研究所  torster4.jpg

スポンサーサイト

| 料理研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/252-6d7ba5db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。