PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

正しいアライメント調整        <クルマ研究室>

アライメント 

正確にアライメント調整されたクルマは、驚くほど「正確」に走る。 車検のつどやショック交換時には、欠かせない調整だが、作業は誰がやっても同じというわけではなく、実は残念なお店のほうが多いナ。 

今のアライメントテスターは、赤外線式などに進化していて、とても簡単に計測ができる。 4輪にテスターを装着して、後はコンピューターまかせである。 ここでの盲点は、「台」。 計測する時に乗せるリフトの水平が出ているかどうかが問題だ。 傾いていたらアライメントも間違いなく傾く。 テスターと、リフトの水平の更正(精度の調整)をこまめにやっているお店は、間違いがないネ。 そういうお店は、決まってリフトもテスターもピカピカに手入れされている。 最近は、オンザカーといって、リフトの上でタイヤを回しながら調整するタイプも出てきた。 このタイプは、タイヤの偏摩耗を反映してしまうので、タイヤが古い場合はおススメしない。 

アライメントは、標準値が基本なんだが、ほんの数ミリの違いで、直進性などは大きく変わるから、メカニックと相談しながら作って行く楽しさがあるネ。 安心しておススメ出来るお店は、「中部アライメントセンタ―」。 名古屋でちょっと遠いが、ほとんどのテスターを試したという社長は、筋金入り。 そこまで行けなければ「カーレックス」というアライメント中心のチェーン店もある。 足回りのフィールに悩みがあれば相談してみたらいいでしょう。  

 荻窪生活研究所 

スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/22-7628da15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。