PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

STIフレキシブルタワーバーをテスト       <クルマ研究室>

フレキシブルタワーバー 

タイロッドは、予想以上の力で左右の前輪を押し引きして回すのだが、その力がボディの歪みで逃げないように、左右のストラットトップをつなぐのがタワーバー。 通常は、リジットに固めるのだが、あえてボディのねじれは、サスペンションの一部と考えて許容しようというのが、STIフレキシブルタワーバー。 中央にボールジョイントが入っていてクネクネ曲がる。 

さて、リジットのタワーバーに比べて、ハンドルの座りが重くなり、高速では、修正舵の頻度が減り直進安定性が向上する。 荷重変化などに気を使わなくても、ステアリングを切ったら切っただけ素直に曲がって行くようになり、機敏さはそのままに、安定方向のステアリングフィールとなる。 S字コーナーの切り返しでは、ノーズの追従性が明らかに素直になる。ボディ前半が適度に捩じれながら路面からの入力や慣性をいなして、左右のタイヤトレッド面が常に路面にべったりとコンタクトしているイメージだ。 ボディ前半が適度にねじれるためか、路面からの大きな突き上げが柔らかくなり、スカットルあたりから多少きしみ音が出るようになった。 

良いことずくめのようだけれど、追い込んだコーナリングで、しっかりと前輪に荷重を乗せる姿勢を作っても、リジットバーほど強烈なサイドフォースが立ち上がってくれないから、荷重を使って姿勢を変えるドライバーには物足りないかも。 ATで、特に何も意識せずステアリングを切ったら、切っただけ素直に曲がって欲しいという方には、必携。 ニュル24時間でも使っていたが、きっと運転していて疲れないんだろうね。 

リジットに戻した第一印象は「クルマが軽くなった!」   昭和な所長的には、リジットだナ。        

 荻窪生活研究所

スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/21-4dda9415

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。