PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日産マーチが理解できない   <クルマ研究室>

march2.jpg

モデルチェンジした日産マーチ、タイで生産する世界戦略車ということですが、つかみどころのない韓国や中国風のデザインで、正直これが?と思ったのは私だけじゃあないはず。

先代のマーチは、女の子向け販売路線のかげで気づきにくいけれど、日本車には珍しい、「カタチ」を主張するクルマ。  巨大なヘッドライトを顔じゃなくってボンネットの上に積んだのもマーチが最初だし、この小さなボディをかえりみず彫りの深いショルダーラインをヒップまでぐるりと伸ばした「外人」なデザイン。ただのファニーなだけじゃない、後世の語り草になるような秀作だった。 
 march5.jpg

パリで見かけたマーチ(マイクラ)は、ブラックボディにタンのレザー内装、タイトなワンピースに毛皮を引っかけたセレブマダムが降りてきて、そりゃあドキッとさせられました。 そんなアウェイなシチュエイションも跳ね返す、強いデザイン力がありましたね。

このクラスは、台数を稼ぐために無理して登録するので、1年落ち走行2000キロ未満、80万円なんていう、ぴかぴかの中古車がごろごろしていて、本気で買おうかと試乗したことがあります。 乗った感想は、ハンドル切れば曲がる、アクセル踏めば走ると言うだけで、「ハンドリング」と呼ぶような感触は、先代のマーチには、有りませんでしたね。

march4.jpg

今度のマーチ、世界の消耗品なんだからと言ってしまえばそれまでですが、こんな消耗品に囲まれた生活じゃあ、ゆとりもうるおいもあったもんじゃあない。 これから初めてクルマを手にするインドや中国、東南アジアの人たちも、これじゃあクルマを好きになったりしないと思いますね。

   荻窪生活研究所     march3.jpg
スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/199-7e6aec51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。