PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クルマ静音・防音作戦 総集編  <クルマ研究室>

静かなクルマに乗りたいと足掛け5年、研究所の静音・防音作戦の総集編です。 どうすりゃウチのクルマがトヨタ・クラウンみたいに静かになるのか? 関連記事のリンクも参考にして下さいね。

静音・防音効果 第1位
「いちばんグレードの高いクルマを買う」

いきなりソレかと言わないで、クルマはコストとの戦い、同じ車種でもグレードが違えば静かさは、まるで違います。 
研究所のレガシィB4、2.0Rと3.0R spec-Bでも、詰まってるモノも、量もあきれるくらいに段違い。 メーカーのノイズのプロがする仕事ですから、この差は、後から素人がどうこう出来るものじゃあありません。 ともかくいちばんイイやつ、コレ鉄則です。 


静音・防音効果 第2位
静かなタイヤに換える
レグノとdb 
いろんなものに手を出す前に、まずタイヤ、払った金額分確実に静かになります。 
ブリヂストン・レグノGR9000は、どっしりとしたステアフィール、一方、ヨコハマ・アドバンデシベルは、軽快。 いづれもアフターマーケットでは、世界一静かなタイヤです。 これ以上はないという安心も値段の内ですね。 
ただし、コンパウンドも構造もやわらかいから、ポテンザRE050などからの入れ替えでは、120Km/h以上の高速域での直進性やスタビリティは、一歩後退しますから要注意。
それから、軽量アルミホイールに履き替えると、薄くて固い分、ロードノイズが大きくなります。 ばね下の軽量化もよし悪しです。 


静音・防音効果 第3位
ゼトロ吸音シートを張り付け
ゼトロ吸音シート
新幹線の防音に使われているスポンジ状の粘着シート。 
10Cm角くらいにに切り分けて、エンジンルームの運転席裏(バルクヘッド)に隙間なく張りつめます。 ボンネットの裏やストラットタワーも効果的。 汚れていると粘着力が落ちるから、新車の時がお勧めです。 運転席や助手席の足元やダッシュボード裏にも貼れる所には、貼りつめます。 ルームマットの下に敷き詰めるのも効果的です。
確実にエンジンの透過音が遠くで聞こえるようになリます。 250×420×10ミリの2枚入りで2500円前後と多少値が張りますが、作業はとても簡単、10セットも貼りこんだら見違えますよ。 


静音・防音効果 第4位
隙間テープでドアをシール
隙間テープ
ニトムズ 防水ソフトテープ、通称・隙間テープをドアのゴムシールが当たる側にぐるりと張り付けます。 テープ幅の半分くらいがゴムシールにつぶされるくらいがイイ位置です。 
隣のクルマやすれ違うクルマの音が小さくなります。 ドアを閉める音がバタンからボフッに変わります。 こんなところから音が侵入しているのかと、感心しますね。 
テープは、2mで350円ほど、6~8本もあればドア4枚 、1時間ほどのリーズナブルな作業で、効果はてきめんです。 ただし、トヨタの上級車種では、最初からこれでもかってくらいにドアのゴムシールが厳重ですから、追加の必要はありません。 


静音・防音効果 第5位
ノックスドール・オートプラストーンでホイールハウスを防音
nox-2
なかなか室内からは手出ししにくいタイヤハウス、ここからロードノイズが入ってきています。 
オートプラストーンは、コールタールのようなゴム系の防錆・遮音材。 ジャッキアップで馬に乗せて、タイヤを外してゴムヘラでぺたぺた塗ります。 この手の遮音材でスプレーするものもありますが、いちばん厚塗りができるのがこれです。 ロードノイズが穏やかになって、突き上げ音が上品に。雨の日の水たまりの透過音は激減しますね。 問題はめんどうなこと、覚悟が要りますね。


静音・防音効果 ランク外
「制振材、ニードルフェルトは正直?」

カーオーディオでドアのでデッドニングなどに使う制振材、アルミシートに1~2ミリのゴム系やアスファルト系などの制振素材がラミネートされた奴、レジェトレックスなんかが有名だ。 
これは、音のチューニングにはとっても効果的だが、外の雑音を遮断する効果は薄い。 トランクルーム全面と、リアシートを外して後席全面に張り込んだが、効果は疑問。 今はどのクルマも一皮、制振材が貼ってあるから、鉄板むき出しの場合以外は、無駄かもしれません。 オーディオ用にドアのデッドニングをしたら、こころもち静かになったかなっていうのがこの素材です。

安さじゃ一番のニードルフェルト、90Cm×10メーターでも4千円前後。でも、 クルマの中はそんなに隙間があるわけじゃないから、詰め込む量もたかが知れているし、そもそも吸音能力の大きな素材ではありません。 残念ながらこれも効果は疑問です。

ここまで全部やったら相当静かになりましたよ。 でも、クルマを新しくしても、もう一度やる根性はとてもありません・・・・・

 荻窪生活研究所
 

スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

引用

面白く読ませていただきました、勝手ですがブログで紹介させていただきました。あしからずお願いします。

| 無菜 | 2013/02/22 17:10 | URL | ≫ EDIT

Re: 引用

無菜さま
どういたしまして、ありがとうございます。

| 所長 | 2013/02/22 21:12 | URL |

吸音、制振、遮音、の基本を考えてみて下さい。
ニードルフェルトは立派な吸音材ですし、レジェトレックスも優秀な制振剤です。用は適材適所と組み合わせ次第だと思うのですが?

| 幸一 | 2013/03/21 17:52 | URL |

Re: タイトルなし

幸一 さま
まさにおっしょる通りで、だいじなのは適材適所だと思います。
そもそもオーディオ的なデッドニングと、騒音対策の静音化は目的もアプローチも違いますもんね。
レジェトレックスとニードルフェルトは、基本中の基本ですよね、今もレジェの大判10枚とフェルト20メートル巻きをゼトロとともに、物置に常備しております。(笑)

| 所長 | 2013/03/21 18:08 | URL |

参考になりました。

空冷ビートルをなんとか近所迷惑にならない&車内で普通の声のトーンで会話ができるようにならないものかと思い、ここにたどり着きましたが、初っ端で折れました。
まぁ高級車は静かですもんね。
防音材については参考になりました。

| 福助 | 2014/07/30 17:01 | URL | ≫ EDIT

Re: 参考になりました。

福助さま
空冷ビートルですか、良いですねぇ、大好きです!
うちのは、水冷ビートルですがやっぱりうるさいです。
空冷ともなれば、どこから手を付けたらよいか、ちょっとためらうくらいの「ツワモノ」
おさっしいたします。
プジョーRCZをやってわかりましたが、やるなら室内全部はがしたほうが話が早いですけど、
鋼鉄のような精神力が必要ですからねぇ・・・・

| 所長 | 2014/07/30 17:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/162-bdbbc405

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。