PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パリ市内は ポンコツ置き場?   <旅行研究室>

paris-1.jpg 

華の都 「 パリ 」  フランスのエスプリにあふれたクルマが、シャンゼリゼ通りをさっそうと走りぬけているんだろうと思ったら、大間違いだった。

環状高速の内側が、日本人が一般にイメージする「パリ市内」なんだけど、そこは、路上駐車されたポンコツ寸前のクルマたちで埋め尽くされていてびっくり。  歴史の風情あふれる石畳の町並みに、例によって10センチ間隔で、塗装がはげたり、へこんだり、バンパーがひしゃげたクルマたちが、えんえん並んで、いやはやこれじゃあ新車を手に入れても秒殺されるな。

paris-2.jpgparis-7.jpgparis-13.jpgparis-4.jpgparis-15.jpgparis-5.jpg

 道行くクルマは、プジョーにルノー、シトロエンと圧倒的に仏車。 洗車の習慣がないのか、洗ってもすぐ汚れるからか、どのクルマもほこりだらけ泥だらけ。 それが目立たないようになのか、ボディカラーは半分以上が灰色だ。

paris-9.jpgparis-10.jpg paris-12.jpgparis-3.jpg   

フランスでは、クルマは移動の道具として手に入れてるから、徹底的に使い倒す。 フライパンを真っ黒になるまで使うのとおんなじだね。 耐久性が求められるタクシーなんかはベンツが走ってるけれど、普通の人に外車は無用。 いやー、クルマに愛情感じちゃう人は、ここじゃあ暮らせない。

paris-16.jpgparis-11.jpgparis-6.jpgparis-14.jpg  

プジョーはヘンな笑い顔だし、シトロエンは妙なカタチ、ルノーだって変わった顔、どうせ使う道具なら楽しいカタチのほうがいいってことなんだろうか?

 荻窪生活研究所        paris-8.jpg  

スポンサーサイト

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ogikuboseikatsu.blog14.fc2.com/tb.php/131-db633f2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。