2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妹も、まさかのプジョー乗りに <クルマ研究室>

IMG_1592.jpg

去年まで、研究所ではベージュのニュービートルを可愛がっていたわけですが、実は妹のところにもクロ・ビートル がいまして、故障もしないのをいいことに9.5万キロも走ってしまいました。 いやぁ、当たりだったね。
とは言えさすがにそろそろしおどき、買い替え候補に決まったのがプジョー308SWアリュール、別にプジョー党ってわけじゃないんですが、2~300万円の予算で新車、中古車を検討したらこうなりました。

輸入車といえば、ドイツ勢一辺倒の昨今ですが、いやいやどうしてプジョー308も機械としての性能は、Cセグの王者ゴルフといい勝負、さすがに2014年ヨーロッパカーオブザイヤーを受賞しただけのことはあります。

1,2リッターの3気筒は、2015年のエンジンオブザイヤーを受賞した名機、言われなければ3気筒とはとても思えないスムーズさで振動も騒音も皆無。
アイドリングあたりからの太いトルクで、どんな場面も回転を上げずに仕事を済ませようとするので、燃費も上々、高速なら20km/Lを超えて行きます。

IMG_1596.jpg

308SWは、ハッチバックよりも11センチ長いホイールベースが効いてしっとりと落ち着いた乗り味、アリュールのグレードは、タイヤも当たりの柔らかい16インチのミシュランなので突き上げを感じる場面もなくて、まさに往年の猫足です。 
静粛性の高いボディと相まってこれは、これは一クラス上の乗り心地です。

このクラスのベンチマークであるゴルフの足回りは、ハンドル操作やアクセル、ブレーキの操作に論理的に正しい反応が帰ってくる気持ちよさですが、308のそれは、思うとおりに曲がり、走り、止まるっていう、気持ちにシンクロして動くっていう気持ちよさです。

一見当たり前のフォルムに見えるエクステリアは、近づいて見ればボリューム満点の前後フェンダーのふくらみや、凝りに凝ったデザインのフルLEDの前後のライトなど、いちいち当たり前じゃあない味付けがフランス流です。

IMG_1595_2016031018003739b.jpg

インテリアもまさにデザインの塊、特にダッシュボードは、スペイシーでクールな圧巻のデザイン。 
ソフト素材の質感や組み付け精度にも抜かりはなくて、このあたりの仕上げは、もはやアウディ並み。 
極めつけは、ワゴンボディの長い天井をいっぱいに使ったパノラマルーフ、ここまでしてくれなくってもって思うほどの開放感は、まじめ一徹のドイツ車とは世界が違います。 

IMG_1603.jpg

デザイン優先で数字なんて読み取れない小さなメーター類や、走行中の操作が危ないほどのタッチパネル式の空調にナビ、アイコックピットなる極端な小径ステアリングなど、人間工学第一のドイツ勢なら卒倒しそうな、「デザインで幸せを感じるフランス流」ですが、数年に一度、数百万円払う買い物ですから、どちらが満足度が高いかって言ったら、断然こっちですね。

IMG_1602.jpg

ちなみに他に候補に挙がったのは、やっぱりゴルフ。 静かでスムーズで燃費も良くって中古車のタマも豊富、でもいかにもつまんない。 VWでは、先代のパサートワゴンの上級グレードが300万円を切るのにも魅かれました。 なんといってもVWのフラッグシップ、ゴルフクラスより明らかにクオリティが高い作り込みなんですが、デカすぎるのと、やっぱり事務的。 まあ、タクシーに使うクルマですからね。

アルファのミトとアルフェッタは、セクシーな色が魅力なんですが、室内のプアな質感がNG。
ベンツのCクラスのセダン、クーペやAクラス各車は、彼女によると「いまどきベンツマークに魅力は感じないし」なんだそうです。 
BMWは、いま予算に合うのは1シリーズくらいで、新しい3気筒エンジンは絶品でしたが、内外装のデザインに落ち着きや色気がなくて却下。

IMG_1607.jpg

女性陣には、評判の良いフィアット500やミニ各車も、50代半ばのレディには刺さらないご様子。
国産車で唯一の候補は、レガシィB4。 リミテッドのフル装備の一年落ちが200万円台半ばからはお値打ち。 見た目からは想像できない極上の乗り味にうっとりするものの、アメリカンなサイズと男性用オンリー的な雰囲気に、こちらもノーサンキュー。

IMG_1611.jpg

シックなハリケーングレーの308SWアリュールは、中古車のつもりがプジョーディーラーの予想外の頑張りで新車に手が届き大満足の妹。
しかし、今回、いざ見渡してみると買うべき国産車が全くないことに驚きます。 どれもこれも燃費勝負のハイブリットか、家族を運搬するミニバンばかり。 
輸入車がシェアを伸ばす理由は、企画力もデザイン力もなくなった国産車のオウンゴールなんだと改めて実感しました。






  荻窪生活研究所  
IMG_1597.jpg 


スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。