2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶世の美女に会いました!  <映画研究室>

min17.jpg

奥様がどうしても見たい映画があるというので、銀座のシネスィッチへ。 夫婦50割は、二人で2200円、いつもながらお値打ちであります。 

で、「マダムインニューヨーク」、映画館に着いてから知りましたがこれインド映画なんですね、あの歌って踊るので有名なボリウッド映画でありますが、これはそういうのじゃなくって、言われなければ普通の洋画の秀作に仕上がっております。

min4.jpg

奥様いわく、「生きてる女優さんの中で一番きれい」という主演のシュリデヴィ・カプール、「ふーんそうなの?」ってそら返事しながら映画が始まったんですが、最初のカットを一目見て、わたくし、固まりました、「うわ!・・・ キ・レ・イ・・・・だ・・・・・」
息をのむとはこのこと、見とれてしまってストーリーが追えやしません。
そのうえ聞けば御とし50歳、ほとんど奇跡です。

min16.jpgmin10.jpgmin13.jpg

お話は、家族で唯一英語が話せないことに引け目を感じていた主婦が、親戚の結婚式の手伝いに一人でニューヨークに旅立ち、あれこれ苦労しながら英会話をマスターするってストーリー。
インド映画というイメージとはちがって、キャスティングもシナリオもカメラワークも普通の「洋画」、期待を裏切らないほっこりとした結末も用意されています。
そうそう、イメージするダンスシーンは、ほんのちょっとしかありませんよ。

min15.jpg
min11.jpg
min5.jpg


ただハリウッドものとは違い、回想シーンなど使わずストーリーを生真面目に時系列にそってきっちり描くもんだから130分を超える長編、途中でインターミッションのスーパーが入っていましたから、インドでは休憩をはさんだ2部構成での上映なんでしょうね。


min6.jpg
min14.jpg

シュリデヴィ・カプールは、インドでは美の女神と呼ばれる国民的な女優さんだそうで、子育てのために15年ほどのブランクを置いての復帰作だそうです。 
西洋の美形とも違うし、東洋の美しさとも違い、イメージするインドの美人ともちょっと違う、いつまで見ていても飽きないうつくしさは、みなさま必見です。
インド映画のレベルの高さにびっくり、シュリデヴィ・カプールの美しさにどっきりの休日でありました。


  荻窪生活研究所  miny1.jpg
スポンサーサイト

| 映画研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。