2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プジョー208 Allure がよく分からん <クルマ研究室>

IMG_2103.jpg

研究所のプジョーRCZ も早いもので一年点検、代車にお借りしたのがプジョー208Allure。
3気筒1.2リッターに5速マニュアルという、よくこれ日本に入れたなと感心するフランス本国でのスタンダードモデル、いったいどんなもんでしょう。

IMG_2136.jpg

外観のデザインは、まさにコリまくっています。口から浮き袋がはみ出しちゃったサカナみたいなグリルはどうかと思いますが、コンパクトなボディにこれでもかと抑揚を詰め込んで、複雑なプレスラインにお金がかかっています。 

IMG_2108.jpg
IMG_2110.jpg

フロントガラスの上端がクランクしていたり、ルーフもコーンケープ、フォグランプ周りやサイドガラスエンドなどのクローム使いがおしゃれで、ともかく外人感覚のデザイン満載です。 フィットあたりと比べてみてよ、まるで違う世界観でしょ。

IMG_2111.jpg

インテリアのハイライトは、なんといっても超小径ハンドル、ちょっと前なら違反切符切られるサイズ。 
プレステで使うロジクールのレーシングコントローラーと、大きさも感触もそっくりで、あんまり小さいもんだから、メーターは上から見ます。 

IMG_2120.jpg

止まっているとタイヤとつながってないみたいなスカスカの軽さもプレステなみ、走り出せば一転、どっしり重もステで、なんともバーチャルな感じです。
ペダルが手前寄りで、ハンドルは小さく低く、ダッシュボードは遠いので、サイドの張り出したシートに包まれていても、落ち着きません。この辺もゲームセンターみたいです。

IMG_2117.jpg

走っても印象は、プレステそのもののデジタルフィール、これは難解です。
1.2リッターの3気筒は、アイドリング付近でクラッチをつないで走り出すには、さすがに気を使います。 トルクが細いですから、気をつけないとがくがくとノッキングみたいになりがち。
アイドリングから2000rpmくらいまでは、3気筒ゆえディーゼルのようなゴロゴロ感が伴います。
そこから上では、十分にスムーズなエンジンですが、4000rpmあたりからは、ビ~というビートを感じるようになります。 
元気にエンジンを回して、こまめなシフトで流れをリードするような、かの地の運転にはいいんでしょうか、ゆっくりスムーズに運転しようとすると、小さな3気筒であることを意識させられますね。

IMG_2129.jpg

乗り心地はフラットでスムーズ、足回りは、とても長いストロークでよく動き、ダンピングもしっかりしています。 国産のコンパクトクラスとは別物のクオリティです。
ただハンドルのフィールがそんな感じで人工的すぎるもんだから、コーナリングは、どうかといわれると正直よく分かりません。 
まあ、ハンドル切れば曲がりますけど・・・ゲームっぽい。 

そうそう、重すぎるセンタリングで、指先で微細な修正舵を入れるなんてことはできません、これは結構疲れそう。

IMG_2115.jpg
IMG_2095.jpg

一番のセールスポイントは、静粛性。 ドアを閉じたときの外界との遮蔽感はクラスを越えています。 
エンジン音もロードノイズもワンクッション、遮音材を通ってきて角の落ちた音なので、充分に静かに感じます。 この辺はうまいねぇ、プジョー。

室内スペースは、174cmのドライバーがゆったりと合わせたシートの後ろに、同じ身長のパッセンジャーが乗っても、充分余裕 。膝はぎりぎりシートバックには、つきません、外見から想像する以上にゆったりした室内です。

IMG_2139.jpg

伝説の名車205の再来といわれる208 Allure、う~ん、正直お前がよく分からないってのが感想です。
1.2リッターの3気筒といっても十分走るし、大人4名がゆったり乗れて、懐の深い「ネコ足」だし、だんぜんオシャレ。
でもバーチャルで、プレステっぽくて、Gだのロールだの荷重移動だのが、どこか他人ごと・・・・
新しいジェネレーションに向けた、新しいクルマのあり方の提案だってことかもしれませんが、この方向には、ジジイはついていけませんです。





 荻窪生活研究所  IMG_2125.jpg

スポンサーサイト

| クルマ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2013⑬最終回 さよなら hawaii !! <旅行研究室>

IMG_1450.jpg

いよいよハワイも最終日、あっという間の6泊8日、マハロ~ハワイ、また来る日まで。

で、表紙のユニティチャペルはモンサラット通りにあるちっちゃな教会。 実は26年前に結婚式を挙げたところ、いやはや月日の流れは夢のよう、すごいスピードだ、急がなくっちゃ!

空港に戻る前に、お土産にレナーズのマラサダを箱買いします。
 
IMG_2032.jpg

あいかわらず長蛇の列で、店内はぎゅうぎゅう詰め、外で待とうよジャパニーズってローカルの兄ちゃんが怒ってました。
さて、手荷物で持ち込むマラサダの運命やいかに?

IMG_2031.jpg

クルマを返しに行ったダラーの空港営業所、やっぱり狭くて遠くてビミョー、悪くはないんだけど次は違うとこにしてみよう。
帰りのチャイナエアーもEチェックインしてあるので手続きは一瞬でオッケイ、スケスケにされるセキュリティを通り抜けて、さ~て、まだまだ食べるぞ、コナビールのレストランへGO!

IMG_2057.jpg

コナブリューイングの直営レストランですから、コナビールは全種類揃っていて、ココこそ東京進出してもらいたいもんです。
私は、ビックウェイブ、ライチの後味のするコナビールのスタンダードね。
奥さまは、ワイルア・ウィート、こっちはちょっとグァバ風味、どっちもいつもの瓶で飲むよりぜんぜんオイシイ!! 

IMG_2044.jpg
IMG_2035.jpg
IMG_2039.jpg
IMG_2048.jpg

あ~ぁ、終わっちゃったねぇ、ハワイ。
猛暑のTOKYOに向けてボーディングです。


帰りは、突然のアップグレードもなく、747ジャンボの一番後ろ寄りの2人掛けのシートに収まります。 2人掛けがリザーブできるかどうかで、疲れ方もずいぶん違います、7時間ですからね。

IMG_2072.jpg

今年のジャンボは、新しい器材のようで、機内モニターの映画も豊富。 帰りは寝ませんから映画3本は見られますね。
機内食は、可もなく不可もなく、こんなもんです。 
照り焼きチキンor シーフードパスタ、2食目は、オムレツor 朝がゆ、この朝がゆ、おかゆにチンジャオロオスが乗ってました。 当たり前ですが、ビジネスクラスとは大違いです。

IMG_2077.jpg
IMG_2080.jpg
IMG_2081.jpg
IMG_2082.jpg


さあ、そんなこんなで無事に帰ってきました、今年のハワイ。いやぁ~楽しかったぁ。
はるばる太平洋を越えてきたマラサダは、ちょっとしぼんでいて残念な感じに。
また出来たてを食べに行くぞって、早くも盛り上がるわれわれでありました。

IMG_2091.jpg
IMG_2092.jpg





 IMG_2023.jpg
   窪生活研究所



| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2013⑫ フォトジェニックポイント・hawaii <旅行研究室>

どこでも絵になるハワイ。 今回のフォトジェニックなスポットはコチラ。
器材は、キャノンPowerShot S100、おっことしたりでチョットぴんぼけ!

IMG_1223_201309212033166ae.jpg
モアナ・サーフライダーホテルとサーフライダー
プリンセスカイウラニホテル、22Fベランダから


IMG_1274.jpg
ニコピア38 レストランのパーキング  


IMG_1363_20130921203320571.jpg
ラニカイビーチ、カイバリッジトレイルから


IMG_1237_20130921203431786.jpg
ご存じキング・カメハメハ  裁判所のとこね


IMG_1894.jpg
ポストオフィスの回廊  イオラニ宮殿の斜め向かいです


IMG_1730.jpg
ザ・カハラホテルのシャンデリア
カハラヒルトンだったころの品が無くなってチョット残念


IMG_1983.jpg
モアナ・サーフライダーホテルの階段  定番です


IMG_1986.jpg
サーフライダーをもう一枚 新館のエントランスです


IMG_2004.jpg
ここも定番 ロイヤルハワイアンホテルのビーチ


IMG_2006.jpg
そとはこんな感じ 


IMG_1990.jpg
もう一枚は、南国ムードたっぷりのエントランス


IMG_1749.jpg
そしてワイキキサンセット  クヒオビーチ、デユーク像から



 荻窪生活研究所

| 旅行研究室 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2013⑪ いつものうまいもん <旅行研究室>

IMG_1401.jpg

ハワイに来るとどうしても食べちゃうあれやこれや。 予定を立ててると、食べたいものが食事の回数を越えちゃって、もう大変です。

なかでもぜったい外せないのがグッド・トゥ・グリル。 カパフル通りのセイフウェイマーケットにくっついた炭焼きグリルのレストラン、お肉が食べたいときはココです。

IMG_1397.jpg
IMG_1396.jpg

ココの名物は、プライムリブ。 レアレアな塊のローストストビーフを分厚くカットして、キベアの炭火で焼き目を付けるんだけど、コレ10ドルちょっととは思えないゴージャスさでしょ? 

IMG_1399.jpg

特製ソースとホースラディッシュをたっぷりつけて口に運ぶと、炭火に焦げた油の香りが広がるわ、柔らかいプライムリブはとろけるわで、もう最高、シアワセ!
焼き加減は、レアがお勧めです。



パンケーキ天国のハワイですが、一番普通のパンケーキって言ったらオリジナルパンケーキハウス。 オレゴン発の全米チェーンだからハワイ独特ってことじゃあないんですが、ローカルが普段の食事をするムードが何ともハワイアンなお店です。

IMG_1248.jpg

今日は、お店一押しのパイナップルの入ったハワイアンパンケーキと、クレープみたいに薄く焼いたフォーティナイナー・フラップジャック。 

IMG_1243.jpg
IMG_1242.jpg

遅く入ったので名物のダッチベイビーはおろか、アイスティまで売り切れソルドアウト、相変わらず愛想のない店構えなのに行列が絶えないのは、吉祥寺に出店したからでしょうかね?
ふわふわというより、ふにゃふにゃっと柔らかい独特の舌触り、スタッフの笑顔が絶えない居心地のいいお店です。



中華はチャイナタウンもいいんですが、ワイキキのお気に入りはパンダエクスプレス。 ファストフーズって侮るなかれ、ウォールナッツハニーシュリンプなんて絶品です。

IMG_1187.jpg

2アントレのプレートは、約8ドル。 まず、カリッとした衣と甘ーいハニーソースとくるみの香ばしさが溶け合った本命、ウォールナッツ・ハニーシュリンプとピリッと辛いベージン・ビーフ、サイドにはヤキソバをチョイス。 

IMG_1179.jpg

もう一皿は、お店の看板メニューオレンジチキンと新作サムライ・サーフアンドターフ、エビとビーフの豪華版、名前がいけてます。

IMG_1180.jpg

ロイヤルハワイアンSCのフードコートは、リニューアルしてから明るくって清潔で広々していて言うことありません。



パールリッジで見つけたシナボン。
六本木に再上陸したシナボンですが、あまりに出来が悪くってね、全然膨らんでないんですよ、あれはシナボンじゃあないね。 そんなもんで、見つけた以上は、食べときました。
 
IMG_1523.jpg
IMG_1525.jpg

ご飯前なんで、ミニボンで我慢ですが、ふっくら焼きあがっていて、これがシナボン、日本のスタッフは、ほんとのシナボン食べたことがないのかもしれませんね。



プリンセスカイウラニホテルのベランダからワイキキビーチの夕日を見ながらビールってのも、そうとうシアワセなもんで、ビールのお供に、ワードのカカアコキッチンのプレートランチをテイクアウトです。

IMG_1533.jpg

ココは、カイムキの有名レストラン直営だから、プレートランチといっても侮れません、カラカウア通りぞいのレストランなんかより、よっぽどおいしいですよ。
魚料理は、トゥデイズ・フレッシュキャッチ、今日はアヒの豆腐ソースだそうで、豆腐としそを醤油ベースのソースに使うっていう凝った料理。魚の火の入れ方がミディアムレアで絶妙なひと品。 
サラダは名物コブサラダ、トマト、オリーブ、たまご、チキン、ベーコン、アボカドとずっしりくるボリュームです。

IMG_1546.jpg

今日のビールは、アロハラガーで、カンパーイ!
ラベルのデザインがハイセンスでしょう? キリン系のしっかり苦みのあるラガービールでした。

IMG_1543.jpg
IMG_1422.jpg



今回は、ボガーツのアサイーボウルとダイヤモンドヘッドマーケット&グリルのスコーンまではついに手が回りませんでした。残念。
そしたら、ボガーツは大阪、ダイアモンドヘッドM&Gのスコーンは京都にあるっていうじゃないですか、すごいなニッポン。





 荻窪生活研究所   IMG_1416.jpg

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2013⑩ 金曜の晩はハウツリーラナイ <旅行研究室>

IMG_1949.jpg

にぎやかなワイキキからちょっと離れて、カピオラニパークの水族館の先のニューオータニ・カイマナビーチホテル。 
海辺のレストラン、ハウツリーラナイは、朝ご飯のエッグベネディクトが有名ですが、ココへ行くなら金曜の晩に限ります。

IMG_1754.jpg

まさに浜辺のテラスっていうロケーションですから、目の前、右から左までぜーんぶ海。 
右手にはワイキキビーチとホテル群、その先にはアラモアナからダウンタウンまでホノルルがぜ~んぶ見渡せます。
暮れていくにつれて街の明かりがきらめきだして、ハイウェイのクルマのライトがキラキラと川のように流れていきます。 

IMG_1938.jpg

その上なんとっても、まさに目の前、正面に沈む夕日、オレンジからムラサキ、そして紺色に変わっていく空、進むヨット、これこそ楽園のサンセットです。

それだけじゃあないんですよ、ココ。
金曜の晩のワイキキ名物といえばヒルトンハワイアンビレッジの花火、これが正面から見える穴場のスポット。 
夕日を堪能して宵闇に包まれ、ディナーも終盤に差し掛かったころ、始まります19:45です。 
ワイキキでは、近すぎてビルの陰から一部しか見えないってのが普通ですが、ここからはビーチ越しの花火、遮るものありません。
ロウソクの明かりの中で眺める花火にうっとり、おもわず写真を撮るのも忘れました。 

IMG_1958.jpg

さてさて、お料理はおなかぺこぺこだったので、シェフの月替わりプリフィックス。
まずは、前菜にカキのフリット。でかいなこのカキ、外側パリッと中はクリーミー、これでおなかはそうとう満足。

IMG_1946.jpg

サラダには、マグロのタルタルコロッケ添え。 つくねみたいでおいしゅうございますが、これもボリュームたっぷり。

IMG_1948.jpg

さてメインは、シーフードとフィレステーキのワンプレート、ビーフ or フィッシュって選ぶんだと思ったら、両方でした。
クリーム仕立てのエビにホタテにムール貝、白身のお魚もどれもコクがあってうま~い。 ガーリックとマッシュルームの風味がきいたあの感じです。
フィレステーキはキノコソース仕立てで、和牛風に柔らかい。見た目以上に繊細なお料理になっています。

IMG_1955.jpg

なにしろ、ほぼ暗闇で撮ってるもんで、写真はひどいもん、実物はもっとおいしそうですから、あしからず。

IMG_1956.jpg

ハウツリーの下で幸せになれるというレストラン、ガイドブックの写真のつもりで行くと、えっ?こんだけ?ってくらいこじんまりとした広さです。 
明るいうちは、そんなですけど、空がムラサキに染まってサンセットが始まると、もう別世界、ムード満点。
人生の思い出に残るディナーになること請け合いですから、ぜひビーチ寄りのシートを予約してください、金曜の晩に。
 



ラナイハウツリー 
                           荻窪生活研究所

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2013⑨ ワイキキナイトライフ  <旅行研究室>

IMG_1319.jpg

たっぷり遊んでおなかもいっぱいなんですが、夜はまだまだ。
ってことで、ワイキキ・オン・ザ・ビーチのホテルバーに出撃です。

カラカウア通りは、いつの間にか石畳のきれいな歩道になっていて、ハワイ語の単語のレリーフがあったりして、楽しませてくれます。
それにしても今回のワイキキは、人が多い多い、アメリカの祝日がらみだからでしょうかね?
IMG_1193.jpg
IMG_1192.jpg

まずは、モアナ・サーフライダーのビーチバーへ。 
ビーチサイドの落ち着いたバーだったんですが、今日は満員! 音楽のボリューヌも相当なもので、ムードも何もあったもんじゃない、どうしたサーフライダー? 

でも大丈夫、次があるからと、隣のアウトリガーワイキキのカジュアルバー・デュークスへ。
気取らないバーなんですが、今日は気取らなすぎ。
アメリカ人の団体さんで満員、音楽ガンガンで大宴会状態! ダメだこりゃ。
 
IMG_1198.jpg

まずい展開が頭をよぎりながら3件目、シェラトンのラムファイヤー。 
ここもまさかの満員だ・・・・
今年のハワイ、どうなってんでしょう?

まあ、こんなこともあるよねと、気を取り直してロイヤルハワイアンのマイタイバーへ。
おっと、ここは静かでいつもどおり。 幸運にも一番ビーチ寄りの席が空いてます。
店名のとおり、数種類のマイタイが自慢、奥さまはクラシックマイタイ、わたしはモヒート。
 
IMG_1297.jpg
IMG_1293.jpg

静かに打ち寄せる波の音、カピオラニパークまでつつく夜のワイキキビーチを眺めながら、ゆっくりカクテルを楽しめて、ムード満点。
ココは、昼間見るより100倍素敵ですから、ぜひ夜を狙ってお出かけください。


宿泊先のプリンセスカイウラニホテルのピカケテラスでは、毎晩フラダンスやハワイアンのショーを見せてくれます。 意外に有名なフラダンサーが踊っていてびっくりすることも。

IMG_1425.jpg
IMG_1583.jpg

ちょっと、地味な感じではありますけど、カラカウア通りの喧騒を逃れるにはもってこい。 
部屋へ帰って寝るつもりが、ついひっかかっちゃうところにあるんだ、コレがね。

さてさて、ABCにロイヤルハワイアンショッピングセンターに、デューティフリーショップと、夜も忙しいワイキキですが、小腹が減ったらここに行きます、レインボウドライブイン。
クルマなら5分、歩くとちょっとありますね。

IMG_1763.jpg
IMG_1769.jpg

ちょっとのつもりが、ココへ来るとつい注文しちゃうのが、ミックスプレート。 
バーベキュービーフにフライドアヒ、チキンカツとボリューム満点。 なによりおいしいのがマカロニサラダ、フライドアヒ用のタルタルソースと一緒に、これで食べるご飯が最高! おかしな食べ合わせなのは分かってんだけど、これがうまいんだ。
でも、毎晩こんなことしてたら、一週間でハワイ体型になります、間違いありません。

IMG_1565.jpg






 荻窪生活研究所 IMG_1431.jpg 

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2013⑧ イオラニ宮殿で歴史を学ぶ <旅行研究室>

IMG_1235.jpg

おととし、クィーンエマのサマーパレスの記事でハワイの歴史のことを少し書きましたが、今回は、イオラニ宮殿で実際のハワイ史を勉強してきました。

IMG_1861.jpg
IMG_1798.jpg

10名ほどのグループに、説明員がついて案内してくれるシステムで、開始時間が決まっていて、ぜんぶ英語。 日本語解説の回もありますから、せっかくなら事前に調べていかないと、私みたいに8割がた、ちんぷんかんぷんってことになります。

IMG_1811.jpg

7代目国王カラカウアが贅の限りを尽くして建てたのが、アメリカで唯一の王宮、イオラニ宮殿。
ベルサイユやイタリアの名だたる宮殿に比べると規模こそつつましやかですが、南海の真ん中の王様にもかかわらず、世界を一周して見聞を広めたカラカウアの先見性が盛り込まれて、電灯設備や電話など、1880年代当時の世界最先端の設備が導入されています。

IMG_1872.jpgIMG_1855.jpg
IMG_1813.jpg
IMG_1833.jpg
IMG_1821.jpg

一方で、最後の女王リリウオカラニは、反逆罪の汚名を着せられて、ここで長い幽閉生活に。
復権を図りほう起したものの捕らえられた200名の同胞の命と引き換えに、アメリカから退位を迫られ、ついにハワイ王朝に幕を引くのですが、その舞台となったのが、ここイオラニ宮殿です。
有名なアロハオエの曲は、彼女が滅び行く祖国への悲哀をこめて作ったもの、
「あなたにアロハ、また会えるその時まで・・・」
と、むすばれています。

IMG_1873.jpgIMG_1839.jpg
IMG_1847.jpgIMG_1845.jpg

どの部屋もつつましい広さですが、磨かれた豪華さで、これが南国にあることが不思議な感じ。
とりわけ目につくのが見事な絨毯、もちろん補修されたものでしょうが、部屋ごとに違った絵柄、すばらしい色合いが、往時の繁栄をうかがわせます。 

IMG_1853.jpgIMG_1841.jpg
IMG_1840.jpgIMG_1818.jpg
IMG_1805.jpgIMG_1824.jpg

地下に展示された王室の見事なジュエリーや、贅を尽くしたこの王宮がハワイ王朝を立ち行かなくした原因とも、アメリカの侵略の引き金になったともいわれ、近代化などしなければ、もっと幸せな日々が続いたのかもしれません。

IMG_1849.jpg


さて、お腹がすいたら宮殿のとなりにあるYWCAのレストラン、カフェジュリアへ。
広いテラスと、クラシックなインテリアが大人気だそうで、予約しないと1時間以上待つことになります。 地元のビジネスマン風の方々が多いですね。 

IMG_1918.jpg

今日は、ガーリックアヒ・サンドイッチとシュリンプのリングイネを注文。 
あくまでランチの印象ですけど、雰囲気最高、お味はそこそこって感じでしょうか?

IMG_1905.jpg
IMG_1910.jpg
IMG_1913.jpg

このカフェジュリア、日本進出の話があるそうで、カフェカイラにボガーツ、レナーズにブルーウォーターシュリンプ、あげくのはてにはオリジナルパンケーキハウスと、このところハワイアンフーズの日本上陸が止まりません。 
でも、共通してるのは、ハワイで食べるほうが100倍!!おいしぃ~って、ことでしょうか。

IMG_1919.jpg

ちなみに、クルマを停めるならYWCAの東となり、Alii Place ビルの時間駐車場が便利、裏のアラケア・ストリートから入ります。

IMG_1886.jpg
カメハメハ像がたたずむハワイ 5-O 本部ビルは、イオラニ宮殿の向かい。 
いえいえ裁判所です。


泳いでばかりじゃあなくって、お勉強も楽しいハワイであります。




 荻窪生活研究所   IMG_1851.jpg



 




 

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。