2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

fo.Q のリマスターリングを試す  <オーディオ研究室>

IMG_0463.jpg
 
シマさんがブログで絶賛するもんだから、fo.Q のCD音質改善アクセサリー、REMASTER-RING  DS-25Eを買ってきました。
fo.Q お得意の特殊制振素材を厚さ0,3mmのリングにして、CDディスクの中心に貼るってやつなんですが、20枚入り、ヨドバシカメラで1680円。 1枚84円で音質が改善するなら、こりゃ事件です。

IMG_0464.jpg

まず、いつものダイアナ・クラールさまと由紀さおりさまを普通に聴いてみます。 ちょっとご無沙汰してましたが、いやいやイイ感じで鳴ってます。
さて、慎重にディスクの中心に fo.Q を貼って再生、いやぁ、いきなり違うわ、全然違う!
音と空間の分離がはっきりして、定位がタイトで明瞭。 音像の輪郭がはっきりとして奥行き感が広い。 一音一音明瞭でSN感が高い。 ひとことで言うとハイファイ、文字通りリマスタリングしたような、はっきりくっきり感だね。
こんなシール貼るだけでこれだけ違うとは、CDもまだまだ奥が深いね。

さて、しばらく感心して聞いたら、念のためはがして元に戻して聴いてみます。ジジイは用心深いもんでね。

IMG_0462.jpg

あれっ?・・・・・・・こっちのほうがリアルじゃない? 
ボーカルの、人の声のつるんとしていない肌触り、聴こえていそうで聴こえない語尾のリアリティ、楽器のかすれるようなデリケートな音のディテールなど、よく言われるアナログ的なリアリティがfo.Q 付きでは聴こえなくなっていたのに気付きます。
全部がはっきりしているので、強弱のラティチュードが狭く、コンプレッサーを通したようであったわけです。

素のCDでは、まさにそこで歌っている歌い手の顔や身振りの気配が感じられますが、fo.Q を貼ると、高音質録音のボーカルを、これでもかって言う明瞭な定位で聴いているという印象です。
このかんじは、カーボン製のターンテーブルシートや、アップサンプリングしまくって美音で聴かせる最新のCDプレーヤーなどと同じ傾向です。
う~ん、こりや、去年CDプレーヤーを聴き比べた時と同じ、好みの問題、どこを大事に聴きたいかですね。 はっきりくっきり、定位もばっちりさせたいって時には、強力な助っ人だと思います。

さてさて、ディスクにシールを張っただけでこれだけ音が変わるって理由を解明しなきゃいけませんね。
制振なのか、はたまた乱反射抑制か、磁気か電磁波か? いずれにせよ、CD再生は、まだ向上の余地があるってことですね、やる気が出ます。


 荻窪生活研究所  IMG_0459.jpg

スポンサーサイト

| オーディオ研究室 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。