2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

型落ちのキャノンS100購入 <写真研究室>

s100-2.jpg

ある程度の技術を身につけてたら、結局、写真は、撮るべき時にカメラを構えられるかどうかじゃないでしょうかね、そう思います。
「写真を撮りに行くぞ」って重たい機材を担いで出かけて、傑作が撮れたためしはなくって、「うわっ!」っと感じた時にさっと写した写真が、決まってパワフル。

これ、コンパクトカメラのスナップシュートでアートするアラーキー先生のことが、やっと理解できる年齢になったということかもしれません。

キャノンNew F-1に始まって、ニコン、ペンタックス、ミノルタと一通りの一眼レフに授業料を払いましたけど、クルマもカメラもお金だけが無くなって、ほとんど何にも残んない趣味ですね、まったく。 

ところで、ソニーのフルサイズCMOS搭載のRX1や、1インチCMOS搭載のRX100などの登場で、ついにコンパクトカメラのセンサー拡大合戦が始まりました。 
なんてったってデカいセンサーは、画質に効きますから、きっとあっという間にミラーレス一眼を追い抜いて、高画質コンデジの時代がやってくるんでしょう。

そんな今日この頃に逆行するように、わたくしよりによって、新型の登場で型落ちになったキャノン・パワーショットS100を購入しちゃいました。

s100-3.jpg
こちらが、型落ちS100

これコンデジのなかでも小さな部類に入るハイクラスデジカメ。 
1/1.7インチセンサーですから、画質も夢見るほどじゃあありませんが、大人の鑑賞に堪えるタバコサイズのボディの中で、古典的なカメラの文法とかっちりとしたレスポンスを実現した傑作です。
s100-5.jpg
S100-4.jpg
新型もセンサーやエンジンはキャリーオーバー 

こういった、シャツのポケットにも楽勝で入る小型ボディを前提に、小さなセンサーで高画質を突き詰めるってのは、たぶんこれで最後。 
この先ハイクラスコンデジは、大型センサーで高画質化していくんでしょうから、「キレイなんだけど、もう一回り小さいといいんだけどなぁ」「昔は小さいコンデジあったよねぇ」ってなるに違いありません。 大型センサーにみあうレンズばかりは、物理的に小さくできませんからね。
 
s110-1.jpg
こちら新型S110、見た目あんまり変わんない。

新型のS110は、タッチパネルやら、携帯やプリンターに向けたWiFiやらという「よけいな」機能を搭載しちゃったのでノーサンキュー。
コンデジのタッチパネルって、晴れた屋外じゃあ、何にも見えませんよね。

s110-3.jpg

s110-2.jpg

s110-4.jpg

オヤジには関係ない新機能満載です。


ネットじゅうさがして見つけたS100、在庫かぎりなのにひと月前より2割ほど値上がりしていて、いやはや買い時ってむつかしい。

しかし、新製品には興味がわかないくせに、いざ生産終了って言われると、どうしてこうも弱いんだろうね。 
いけない性格だな、時代にも、ついていけないし・・・・。






 荻窪生活研究所  s100-1.jpg


スポンサーサイト

| 写真研究室 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プジョーRCZ ついにフェイスチェンジ <クルマ研究室>

RCZ3_20120914150109.jpg

悩みに悩んで研究所の次期FXに決定したプジョーRCZ
思い返せばミッドタウンのデビューイベントでみそめてから、三年目、今年いっぱいで天中殺が空けるタイミングで、やっとこさの年明けゴールインのつもりだったのですが・・・・


ところがどっこい、さすが天中殺やってくれます。
パリモーターショーで愛しのRCZが別人にフェイスチェンジ、またしても試練の道のり、二人は引き裂かれてしまうのか?

RCZ4_20120914150108.jpg


しっかし、この顔は、ないよね。 いくら新時代のプジョーフェイスとはいえ、アグレッシブでエキゾチックで、一瞬スーパーカーかと思わせるあのルックスが台無しだ。

この平凡さは、お気軽にこさえたコリアンクーペのよう。

RCZ5_20120914150107.jpg

化け猫顔や、エグいアルミナムアーチはやり過ぎかと思っていたけど、こうなってみると、オリジナルは、デザイナーの絶妙な構成力のたまものだったことを思い知ります。
その昔からマイナーチェンジで、カッコよくなったためしはない、というのがクルマの鉄則ですね。

いっしょにRCZ-Rコンセプトなる260psのハードボイルド版もお披露目されますが、どこにでもいそうな草食系男子を艶消しに塗っただけの「東京オートサロン」レベルにしか見えないな、これ。
 
RCZR1.jpg
RCZR2.jpg

期待した、DCTミッションやハイブリッドエンジンなどの改良は見送りのようですから、これは、迷う余地なくオリジナルフェイス! 
いったいいつまで残るのか? ことによったら中古車探し? 
天中殺は、クルマなんか買っちゃいけないんだけど、どうする?わたし。

とりあえず、一目散にディーラーに直行です。



RCZ1_20120914150111.jpg
どう考えても、コッチです。






 荻窪生活研究所  RCZ2_20120914150110.jpg 

| クルマ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさかのフルサイズ SONY RX1 <写真研究室>

rx1.jpg

一瞬、目を疑いました、ソニーのサイバーショット DSC‐RX1 
往年の銘機、ライツミノルタを思わせる風貌に、まさかのフルサイズセンサーを搭載したコンパクトデジカメの登場です。

デジタル一眼レフカメラでもハイエンド機種にしか搭載されていないフルサイズ(35.8×23.9mm)のCMOSセンサーを搭載して、マニアックな単焦点・カールツァイス ゾナーT* 35mm/F2.0付きで、W113.3mm×H65.4mm×D69.6mmという、奥行以外はルミックスLX7に近いサイズに収めた技術に驚きます。

RX1-4.jpg

APS-Cサイズに比べても約2.3倍の面積のセンサーは、ソニー一眼レフのフラッグシップ「α99」と同じ実に有効2430万画素。
EOS‐1DXの1810万画素、EOS‐5D MarkⅢの2230万画素に比べてかなり多い画素数を積んでいます。
ISO感度は、常用域で100~25600、「マルチショットNR」と呼ぶ高速連写を組み合わせたノイズリダクションモードでは、実に最高 ISO 102400を誇ります。 ここまでくると、もうイメージが追いつきません。

バッテリー込482gと、コンデジとは不釣り合いな重量と、一眼レフ並みの25万円前後という予価、これはもうコンデジの枠にもミラーレス一眼の枠にも入らない新ジャンルデジカメ。

RX1-3.jpg

そのうちコンデジのセンサーも大きくなっていくんだろうとは思っていましたが、まさかいきなりフルサイズとは!
1インチCMOS搭載のRX100にも驚いたばかりですが、コンパクトデジカメがスゴイことになってきました。




  荻窪生活研究所  RX!-2.jpg

| 写真研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンパクトデジカメ研究 2012  <写真研究室>

lumix1.jpg

大人のコンデジと評判だったルミックスLX3が研究所の主力カメラとして活躍中なのですが、この夏登場の新しいLX7には、なんとレンズ銅鏡に「絞りリング」が復活しました。
直感的に操作できる、「あるべき場所」にある絞りと、往年のフィルムカメラ時代を思い出させるようなクリック感に、昭和なジジイはときめきを隠せません。

LX7は、解放F1.4のLEICA DC VARIO SUMMILUX レンズをアピールしますし、キャノン・パワーショットS100は、F2.0キャノンレンズ、ニコン・クールピクスP310は、F1.8ニッコールレンズ、話題のソニーDSC-RX100では、F1.8カ-ルツァイス・バリオ・ゾナーT*レンズと、カメラがレンズ勝負だった良き時代に戻ったかのようです。

sonyrx100.jpg

しかしながら、過度の期待は禁物。 ソニーRX100の1インチCMOSセンサーの実力は楽しみとはいうものの、そのほかの1/2インチ前後のセンサー搭載のコンデジでは、そうは言っても画質に限界があることは否めず、イオスKissにさえ大きく水をあけられます。 
まあ、ポケットに入らなきゃいけないわけですから、そういう比較は、酷というものだし、大伸ばしなど想定しないスナップシューターというのがコンデジの本分ですからね。
 
canons100.jpg


そういったことが分かったうえで選ぶとすれば、キャノンS100とニコンP310は、ピント合わせから合像、シャッターが落ちるという一連のレスポンスに、カメラ専門メーカーの一日の長があるように思います。
ズームレバーの反応の適切さ、シャッター半押しの手ごたえの節度、合像のスピードや合像マークの出方、合像音など、「ピントが合ったぞ」から「シャッターが落ちた」までの手ごたえやスピードに、フィルムカメラ時代からの変わらぬリズムが残されています。
いわば、カメラが操作に付いてきてくれる、あの感じです。

nikonp310.jpg

しばらくルミックスに慣れた後に、キャノンを触るとシャッターボタンから操作リングから、すべての操作感、反応がてきぱきと感じられて、「あぁ、カメラってこうだよなぁ」と懐かしくも感心してしまいます。
期待のソニーRX100は、残念ながらこれらの中では、いちばん「カメラ」とは遠い最新のデジタル機器という操作感。
どうにもリズムがなじまないなというのが正直なところです。

とってもオーソドックスなキャノン・パワーショットS100も、モデル末期で2万円台半ばとなってきたし、ニコン・クールピクスP310はなんと2万円以下。

ちょっと気になる今日この頃です。



  荻窪生活研究所




| 写真研究室 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

売りたし!レガシィB4 3.0R SpecB <クルマ研究室>

lega2_20120911141905.jpg

今年で天中殺だか、大殺界だかが終わるもんで、ついに年明けに、プジョーRCZ購入の決心をしました。いや~悩んだ悩んだ。
ということで、手塩にかけた  レガシィB4 3.0R SpecB、中古車マーケットに流れていくには、なんとも忍びないものがあります。
どなたか譲り受けていただけませんか?

lega3_20120911142014.jpg

スバル レガシィB4 3.0R SpecB

3リッター 水平対向6気筒 
250ps/6600rpm 31.0Kg・m/4200rpm
6速マニュアル ビスカス式フルタイム4WD

型式BLE 初年度登録2006年(平成18年)1月  次回車検2013年(平成25年)1月
走行距離 53000Km
無事故 修履歴なし 塗装歴なし ワンオーナー 禁煙車

lega1_20120911141906.jpg
 

標準装備 : 
ビルシュタイン倒立ショック アルミボンネット アルミサスペンションアーム ビスカスLSD HIDライト 

ディーラーオプション: 
本革内装(ブラック) マッキントッシュオーディオ STIストラットタワーバー STIフロントスカートリップ リアトランクリップスポイラー STIスプリング(マイナス15mm、レート105%) 
STIアルミホイール18in/7.5J(ノーマルアルミホイールあり) BSレグノGR-XT 215/45R/18(12年5月装着) シムスTCAサポート(フロントロアアーム強化マウント) 
旭ガラス・クールベール(赤外線吸収フロントガラス) STIチタン色ダッシュボードガーニッシュ ETC

lega5.jpg

その他 : 
11年9月に足回りブッシュ総入れ替えでリフレッシュ 
12年5月4輪サスアライメント調整 
室内フロア、エンジンルーム、タイヤハウスデッドニング処理 
室内ダッシュボード低級音対策済 11年2月バッテリー交換済

lega6.jpg

足かけ7年間、大切に扱ったクルマです。 飛び石の小さな跡が2か所ほどある以外、傷、凹み、色むらなどありません。 

機関、足回りとも絶好調で、水平対向6気筒の加速はシルキィ、静粛性が高いので140~150Km/hでの静かな巡航が得意ですが、タイトコーナーが続く山道も非常にコントローラブルな足回りです。
3リッターの6MTという組み合わせは、これが最後。
現存する最高のコンディションのB4 3.0R SpecB だと思います。



* おかげさまで 大事にしてくれる引き取り手が見つかりました。 
     お問い合わせありがとうございました。
 
 
 
 




  荻窪生活研究所  lega4_20120911142013.jpg

| クルマ研究室 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消えゆくカーステレオ  <オーディオ研究室>

carro7.jpg

カーオーディオマニアでは全くありません。 
ホームオーディオだけでいっぱいいっぱいな毎日ですから、この上泥沼にはまる余裕はありませんが、もちろんクルマの中でもいい音で聴きたいのはやまやまです。

そのうえ、わたくし、これまでカーナビ未使用のカーナビ嫌い、買った中古車についていたカーナビも、わざわざ外したくらいの筋金入りです。 だって、使いもしない真っ平らなモニターが、コクピットのど真ん中で、でかい顔してんのって嫌じゃないですか?

そこで、絶大の信頼を置いているのがパイオニアのカロッツェリアの1DINサイズのCDデッキ。
むかしこのブログでも紹介しましたが、自分の出したテストトーンをマイクで拾うことで、各スピーカーまでの距離を補正してくれるタイムアライメントと、各スピーカーの周波数特性を補正してくれるイコライザーを、すべてオートでやってくれるという高性能。
もののみごとに、フロントガラスのど真ん中にヴォールが定位するし、精密イコライザーで純正のへなちょこスピーカーもおどろくほどにハイファイ化します。
6~7年前には、こんな高性能が6~7万円、一生カーオーディオはこれでいいやって思ったもんです。 
carro6.jpg
こちら最新型 DEH-970 現物は、がっかり・・・

1~2年ごとのモデルチェンジをちらちら見ていたら、デジタル製品らしく日に日に値段も下がっていき、最新型DEH-970は、なんと定価でも36,750円!!
ところがオートバックスで初対面したそれは、まるでプラスティックのおもちゃ。性能はかろうじてデジタル技術で保っているのかもしれませんが、とても自分の車に積もうとは思わない「安もの」、ぺなぺな、ぺらぺら! どうしたカロッツェリア?

carro4.jpg
carro3.jpg
こちらが先代のDEH-P940 昔ながらのアルミパネル

実は、クルマにカーナビは当たり前で、音楽を読み込むのもカーナビでっていう昨今、1DINカーコンポは、消えゆく商品、風前のともしび。 いやはやここでも住みにくい世の中だ。
あきらめてパイオニアのカーナビをつければタイムアライメントもイコライザーもついては来るんですが、パソコンとおんなじノイズの塊のカーナビとCDプレーヤーがくっついてるってのが、オーディオファンとしては、どうにも受け入れがたいわけです。
カロッツエリアにもXシリーズっていう、ハイエンドオーディオも残ってはいますが、ホームオーディオ並みのお値段だし、3ウェイ、4ウェイ当たり前なんて言われるとちょっとおなか一杯。

carro1.jpg

一世代前のDEH‐940なら、アルミ部品も残っていて、ぎりぎり何とか許せるルックス。
まだクルマも買っていないのに在庫を見つけてAMAZONで購入。 残り10個の表示にそそのかされました。しかし、あるもんだな一年以上たっても。

レコードにしろ、カメラにしろ、デジタル技術の進歩とコストダウンでどんどんおもちゃ化してしまい、慣れ親しんだものが世の中から姿を消していくのは、まことにつらいものです。
一体、この世の中、どこが進歩なんでしょう?

 



 荻窪生活研究所

| オーディオ研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木曽駒ヶ岳、登頂!   <outdoor研究室>


koma1.jpg

行こう行こうと思いつつ、今年もいけなかった富士山。 ちまたで噂されるように噴火なんかした日には、3776メートルじゃなくなっちゃうわけで、今のうちに行っとかなきゃいけません。

代わりに、一番楽に行ける3000メートル級、木曽駒ヶ岳に登ってきました。
中央高速、駒ケ根インターまでは、約240キロ、最近の度重なる遠出になれたせいか、あっという間です。 

インターから5分ほどで菅の台バスセンターに到着、ここにクルマを置いてバスでロープウェイ・しらび平駅まで向かいます。 
つづら折りを40分ほど上ったしらび平駅は、標高1662m、日本初の山岳ロープウェイが、ここから日本最高地点の駅2612m、千畳敷まで、標高差950mを7分30秒で登ります。
これ、まるで真上に上がるエレベーターみたいな感じ、クルマを止めてから約1時間で、標高2612mの千畳敷カールに歩くことなく到着、ここまでは何の苦労もありません。
koma7.jpg

登山届を記入したり、記念写真を撮ったりで少しばかりの高所順応。 千畳敷カールは、まだまだ高山植物が咲き残り、別世界といえる光景に圧倒されますが、これから登る登山ルートをはるかに見上げると、来なきゃよかったかも?ってのもちょっと頭をよぎります。

着かない道はないとはいうものの、正直キツイ、空気うすい! 「イモトすごいぞ!尊敬するぞ!6000mなんて絶対ムリ!」とぶつぶつ言いながらも、一歩一歩登っていきます。
千畳敷カールを何とか登りきると乗越浄土2850m、山小屋で一休み、トイレは100円、宿泊もできるそうです。ここまで約1時間弱。
koma3.jpg

ここから中岳を経て、主峰・駒ヶ岳2965m。 森林限界はとうに超えているので、あたりはゴツゴツした岩と少しの下草だけの、経験したことのない景色。 いや~空が青いぞ!
頂上までは、また約1時間、やりました登頂成功! でお弁当がうまい!
koma2.jpg

帰り道では、宝剣岳2931mにもアタック。 こちらの頂上はかなりタイトなので、登るのもクサリ場など通って超スペクタクル。 落ちたら当然滑落、自己責任が日常的に転がっているのに、改めて気づかされます。
koma5.jpg


きもちは晴れ晴れでも、身体はよれよれで下山した今日の宿は、駒ケ根・ふるさとの家。
駒ケ根市が経営する農業体験などができる旅館なんですが、ゴーヤにトマトにオクラにかぼちゃなど、旬の夏野菜が所狭しと実っているし、ニワトリやウサギが走り回るは、ヤギはいるはで、こりゃまるでダッシュ村だな。

koma11.jpg

夏休みも終わってひと段落したこの時期、手入れの行き届いた清潔な館内は、お客も3組だけでまるで貸切。
秋の味覚のきのこづくしコースは、名物の馬刺しにマツタケと盛りだくさん。
koma8.jpg
koma9.jpgkoma10.jpg

これで一泊二食8900円とは、ほんとにいいの?
宿のおじちゃんは地元のシニアのアルバイトなんだそうだけど、「いや~、ここ出来て10年たつけど、ずぅ~と赤字なの、ハッハッハ」だってさ。

山登ってうまいもん食べて、これがジジイの幸せってもんだね。




 荻窪生活研究所 koma6.jpg


| OUT DOOR 研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。