| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バチ抜け不発! 東京湾    <釣り研究室>



シーバスも夢中になるけど、釣り人も夢中になるバチ抜け。
大潮の満潮にあわせて、ゴカイやイトメなどが一斉に産卵のために巣穴を離れ、水面をうじょうじょ泳ぎ回るアレです。 正直グロテスクではありますが。

サカナ達にすれば、願ってもない食べ放題タイムですから、これに当たればライズ、ガッボッガボッ、ワンキャスト・ワンフィッシュも夢じゃありません。 問題は、いつどこで抜けんのかであります。

幼なじみのフライマンに誘われて、久々に東京湾に出撃です。
久々ゆえに9フィート8番のセージは、重い、ゴツイ! 
シュートで竿を抑え切らない右手がもどかしく、こりゃトレーニングしとかなくっちゃな。

さて、夕日を背中に、水面を見つめますが、どうもライズも少なくって気配がしません、サカナの。
イイ感じで日が暮れて、6時を過ぎれば真っ暗。 いつ始まってもおかしくないころ合いなんですが、水面に伸びたラインは、静かに流れていくばかり。 ガツンともバシャンともモワ~とも来ません。
どこにいるんだシーバス! 


慣れない暗闇で、重いラインに腕をきしませながらバチフライを投げ続けますが、ついに一度も水面は炸裂せず。
う~ん、そう簡単じゃあないね自然が相手だからね。

久しぶりのアウトドア、東京湾はほんのすこし春の匂いがしました。

  荻窪生活研究所

スポンサーサイト

| 釣り研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水面下のフライフック    <釣り研究室>

P1020103.jpg

釣りを始めたころは、フライフックといえばマスタッドかパートリッジ、太いわ、曲がってるわ、アイが開いてるなんてのは、あったり前。 そんな中で登場したティムコ フライフックは、衝撃的な高品質、日本の技術ってすごいって関心したもんです。

いまや優に50種を超えたティムコ フライフック。 どんなフライを巻くのかでフックを選ぶのも、フライタイイングの楽しみなんですが、ボケ始めた最近は、ナニを巻くためのフックだったか分からなくなったフックの山が。
サカナを獲るのが最優先のよこしまなフライマンは、水中で使うフックはミッジを除いて、何を巻くにも「102Y」 これ一本です。
 
P1020106.jpg

岩井渓一郎プロがヤマメのためにデザインした102Y、Yは当然ヤマメのY。
もともとはドライフライ用のダウンアイ、1Xファイン、ワイドゲーブのブラックカラー。 
細いワイヤのフックは、針先も鋭いし、軽い分、水中の姿勢も素直ですが、サカナをかけるうちに、どうしてもゲーブが開いてしまったり、折れやすくなってしまいます。 
102Yは、短めのフックポイントで刺さり抜群、1Xファインとは思えない、多少手荒に扱ってもダイジョウブな強度が、実践的なフックです。
 
P1020110.jpg

サイズは、13、15、17、19と奇数番手の設定で多少大き目。 17番が普通のニンフフック16番くらいです。 この17・19番で巻いたダークヘアーズイヤーと、15番で巻いたMSCニンフがあれば、晴天の止水以外は、いただきです。


  荻窪生活研究所     P1020109.jpg
 

| 釣り研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジジイの竿はクラシックなセージ  <釣り研究室>

sage1.jpg

フライフィッシャーにはおなじみの「SAGE セージ」、初めて手に入れたのは、確か70年代の終りの頃でした。

フライフィッシングを始めて間もなく、ジム・グリーンやメル・クリーガーなどのキャスティング教本片手に四苦八苦していた初心者の前に現れたのは、見た事もないパワフルなダブルホールで遥かかなたまでラインをぶっ飛ばす、若きキャスティング世界チャンピオン、スティーブ・レイジェフ。
この童顔の天才がテスターを務めるセージのロッドは、今までのどのロッドも比べようがないくらいに、あっけなくぶっ飛んだ。 ハーディやオービスのスローなアクションが当たり前と思っていた僕らには、目からうろことはこのことだったね。

当時、7~8万円は相当高価だったが、仕上げのきれいさといい、破格の投げやすさを考えれば納得、以来、勝負ロッドはセージ一筋になりました。 
ほどなく登場した「LL」シリーズは、日本の渓流にぴったりな低番手中心のライトアクション、素材が第2世代のグラファイトⅡに進化した頃でした。 そうそう、グラファイトⅢには、日本向けに481LL-Nippon なんてスぺシャルもあったね。

sage.jpg  

379LLは、7フィート9インチ/3番のファストテーパー、グラファイトⅡ素材は、今のセージからは考えられないくらいフレキシブル、つまり柔らかく、ピンポイントにコントロール出来て、細いティペットでも強い流れの中から魚を捕れるという伝説の名品だった。 グラファイトⅢ以降も379LLは存在したけれど、1番手堅いくらいに竿の中身は別物になっていたな。

ウチの379LLは、純正品よりきゃしゃなグリップが付けたくて、新富町のロッドビルダー「マッキーズ」でブランクから巻いてもらった一本。 
ますます美しく、投げやすく、でも堅くスティッフになった現行のセージロッドも魅力的だけど、ゆっくり河を歩くときには、今でもこの30年物のエンジ色のセージが相棒だ。

 荻窪生活研究所

| 釣り研究室 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジジイのリールはハーディ・マーキス  <釣り研究室>



ちょっと釣具屋にご無沙汰していたら、ハーディのリール、マーキスなんかが姿を消していてびっくり。

今フライリールのスタンダードはラージアーバーと呼ばれるスプール径のでかいヤツ、使ってみれば、確かにラインにくせが付かないし、巻き取るのも速くて楽だ。 
お店で「もうハーディは置いてないの?」と聞いたら、へんてこなラージアーバーが出てきてびっくり! ハーディまでも御乱心。
フェザーウェイトやマーキスなどの往年のリールもあるにはあるが、4~5万円の値札が付いていて、そりゃあ売れないらしい。

マーキスは、ハーディの中でも普及品のアウトスプールタイプ。 
ぶつけようが落そうがへっちゃらのタフなリールだ。 背面のノブでドラグの調整が出来るんだが、この♯4のクリック音が一番チャーミング。 この音が好きで使っている釣り師が多いそうだ。

marqis.jpg 

時代によって、スプールが黒かったり白かったり、ボディまで銀色のシルバーマーキスなどバリエーションも豊富で、机の引き出しについつい何台もたまって行ってしまったが、結局、河へいくのは、いつもの普通のマーキス。30年来の相棒だ。

ロンドンのハウスオブハーディで道具を買って、ユーゴスラビアに鱒釣りに行くなんてのに憧れて、はや30年立ったってことです。

 荻窪生活研究所

| 釣り研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

養沢毛鉤専用釣り場で初心に帰る <釣り研究室>

yozawa2.jpg 

東京都あきる野市の養沢毛鉤専用釣り場には、通い始めて、もう35年以上。 昔からフライフィッシングを始めるとなると、ここと大月のフィッシュオン鹿留、富士の忍野フライフィッシングエリアあたりと相場は決まっていた。
とりあえず釣れますの鹿留、リーダーフィッシングやミッジングなんかのちょっと特殊な技を磨く忍野、いちばん実戦向きなのがこの養沢だったね。

yozawa5.jpg 

一人で釣り上がるのにぴったりの小さな川だが、落ち込みあり早瀬あり、ボサありと、どこにでもある日本の渓流。 ここで釣れるようになれば、管理釣り場卒業で川デビューってわけだ。
ここ数年は、放流量もしっかりしているが、30年ほど前はほとんど普通の川。 一日粘って2~3匹なんていう辛い思い出もたくさんあったな。 まあ今でも管理釣り場となめてかかると、淵にたまった放流ニジマスしか相手にしてくれない、なんてことにもなりかねないよ。 

yozawa3.jpg 
 
3年ぶりに行った養沢は、昔と変わらない静かな流れ。 自然繁殖しているネイティブ・ヤマメやネイティブ・レインボウが元気いっぱいに飛び出してくれる。 日が傾くまで夢中で川を歩くなんて、久しぶりだ。
 

 荻窪生活研究所          yozawa4.jpg  

| 釣り研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必釣!スモールマウスバス     <釣り研究室>

桧原湖スモール  

突然5年くらい前から、バスは外来種の害魚だからと目のカタキ。 いまさら琵琶湖や霞ケ浦のキャッチアンドリリース禁止って、きっとこの景気低迷で、釣り具メーカーが政治工作を十分に出来なくなってるんだろうナ。 湖が汚れるからと、ワームなどのソフトルアーが相次いで使用禁止になっているけど、そんなことより、一袋を3000円くらいにすれば、みんなもっと大事に使うだろうにネ。 

それでもパラダイスが残っているのが、福島県の桧原湖。 このスモールマウスバスのでっかい尾びれを見てヨ。 引きますよ~! こいつの40オーバーなんて、ドラグが悲鳴をあげっぱなしだヨ。

なんといっても、6月から7月にかけてのスポーニングがらみのゲームがチャレンジング。 一週ごとに魚の動きが変わって行くから、バスフィッシング本来の推理ゲームが楽しめるヨ。 

必殺のルアーは、SAWAMURAのワンナップシャッド。 3インチのチャートリュースをがまかつのジグヘッドROUND25の2.6g/#1で引き倒す。 どういうわけか、このシャッドテールの動きとチャートリュースカラーを見ると、やつらはガマンがきかないらしい。 どシャローから3.5メーターラインまで、これ一本でストロングスタイルだ。 ラインは、必ずフロロの3Lb。 4Lbじゃあヒットは半減するヨ。

東京から300Km、磐梯山の噴火が作った芦ノ湖ほどの山上湖は、いまごろ氷の下。 いつまでも楽しく釣れる、持続可能な桧原湖でありますように。

ワンナップシャッド  

 荻窪生活研究所

| 釣り研究室 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必ず釣れる?ルースニング3種の神器     <釣り研究室>

3 

気の短い所長は、ドライに出なけりゃ、迷わずニンフを結びます。 
ルースニングが今一つと言う人は、インジケーターは「浮木」だと思っている場合が多いようだが、サカナがフライをくわえても、インジケーターが沈んだり、引きこまれるなんてのは、実際1割もないね。 
口にくわえたフライがエサじゃないのは、さすがにすぐ分かるから、人知れず吐き出してます。 

インジケーターは、フライがどこを流れているかの目印。 そのあたりでサカナの影が走ったり、キラッと光ったり、流れにもまれるインジケーターの動きが不自然だったりと、何かの違和感を感じて半分カンで合わせることになる。 

横で見ている人からは、「何で今、合わせたの?アタリ出てなかったよね」と決まって聞かれるが、本人は、最初からここでアタると思って流している分、アタリが見えるわけだ。

インジケーターは、ティムコのロールオン・ストライクディテクターがかさばらなくって、投げやすい。 浮木じゃないから浮力もそんなにイラナイしね。 
フライから80Cmくらいを標準に、瀬などの早い流れでは、短くしていく。  

粘土おもりは、フライから10Cmにつけて自然に流れるように量を調整する。  
ナチュラルドリフトのためにティペットは、クリアカラーのナイロンが基本。 メーカーにもよるけれどバリバスなどは、おなじX号数ならナイロンのほうがフロロに比べてLbテスト値が大きく、細く、柔らかい。 

ついつい流れがゆるくて、インジケーターが見やすいポイントに投げたくなるのが人情だけど、こんなとこ一瞬で流れ切って、何が何だか分かんないって流れのほうが釣れるもんです。 そこに住んでるサカナは、そんなスピードでも十分食ってきます、生活かかってますからね。

 荻窪生活研究所

| 釣り研究室 | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。