| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北コネクション ②  <旅行研究室>

42.jpg

台北近郊の人気スポットと言えば、山肌にしがみつくような坂の街、赤い提灯が並ぶ九份の街です。

台北からは、特急列車で小一時間ほど、戦前のゴールドラッシュの夢のあと、ジブリの千と千尋の神隠しのモデルになったという話はガセネタだそうですが、エキゾチックなお土産物屋が並ぶ不思議なエリアです。

その先にある十份の街は、線路の両側に土産物屋が並び、大きな紙ランタンに願い事を書いて熱気球のように空に飛ばすってのがここのメインイベント。

これを目当てに電車に鈴なりの観光客が訪れて、道などないので線路の上をぞろぞろ行列して行きます。

38.jpg

どこかのお寺でそうするのかと思いきや、線路脇で電車をよけながらランタンに願い事を書いたら、みんな線路の真ん中で飛ばしています。なんともシンプル。

39.jpg
40.jpg

150元、560円ほどの紙ランタンですが、次々に勢いよく青空高く上がって行き豆粒ほどに。

どの神様にお願いしているのかもよくわかりませんが、天まで届いたって気はします。

IMG_0366_20141217220953286.jpg


台北から電車で1~2時間のこのあたりになると街並みは途端に昭和20~30年代なかんじで、軒のつながった商店街には、ほこりをかぶった雑貨屋、扉もない屋台に毛の生えたような食堂、そこらで寝ている野良犬など。 
食堂街をのぞいても、見ているだけでお腹をこわしそうな景色。

34.jpg

 都心は21世紀の世界水準化が進みますが、地方の暮らしまで近代化する経済力がここにはないようです。

36.jpg

こちらは台北101、台湾のスカイツリーです。




台北と言えば故宮博物院、紫禁城のめぼしい美術品をそっくり持ち込んだと言われ、翡翠で白菜を彫刻した翠玉白菜や、豚の角煮そっくりの肉形石などが有名です。

43.jpg

ルーブルにも匹敵するといわれるその所蔵品、とても一日では見切れません。

絵画にしろ彫刻にしろ、陶器にしろ、執念ともいえる細かさ、精巧さがこの国の得意分野のように思います。


故宮2故宮1
 



さて、小龍包と並んで台北の名物グルメは、スイーツ。 定番の完熟マンゴーかき氷や、白玉やらイモ団子やら、仙草ゼリーやら豆花という豆乳プリンやらがたっぷり入った台湾お汁粉、揚げ団子にピーナッツトフィーを削ったアイスクレープなど、街を歩けばスイーツ屋に当たります。

32.jpg27.jpg
31.jpg28.jpg



あっという間の2泊3日、帰りは来る時より1時間半も短い2時間20分のフライト、シートのモニターを見ると、機外は120km/hのすごい追い風、なるほど早いわけだ。


円安で昔ほどには格安ではありませんが、ヨーロッパやハワイなどに比べると、圧倒的にお気軽な台湾グルメ旅行でした。








 荻窪生活研究所    11.jpg

スポンサーサイト

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台北コネクション ①   <旅行研究室>

16.jpg

台湾大好きの娘に連れられて台湾デビュー、今回のテーマは小龍包の食べ比べです。

台湾のJAL、チャイナエアで降り立った台北・松山空港、スタバやマックなど見慣れた店の並ぶ街並みも、歩いている人の顔だちも日本とあまり変わらなくて、出張で福岡か札幌あたりに降り立った感じです。


35.jpg 


地下鉄網が完備していて日本同様路線ごとに色分けされているのでわかりやすいんですが、街中の表示はすべて漢字、日本にない漢字もたくさんあるし、読めても意味がまるで違ったりと、全くのちんぷんかんぷんです。


英語表記もほとんどなくて、店員やタクシーの運転手も英語は通じず中国語でまくしたてますから、ガイドブック片手に筆談する娘がいなかったら即迷子、手も足も出ません。

 

台湾は、単身用のマンションの8割近くには台所がついていないというほどの外食文化、朝昼晩、外食が当たり前だけあって、レストランに食堂に屋台と、街中どこへ行っても食べ物屋には事欠きません。

33.jpg26.jpg
24.jpg23.jpg
21.jpg25.jpg
19.jpg18.jpg
17.jpg20.jpg

さて、本場の小龍包はさすがのお味。 座ればさっと、お茶と一緒に刻んだしょうがとレンゲが出てきて、小龍包食べるのが当たり前のようです。
どの店も皮が薄くってやぶらずに持ち上げるのにコツが入りますが、その分軽くてお腹にやさしくいくらでも食べられそう。 じゅわっと溢れるスープの量も日本の倍ほどもあるので、気を付けないと火傷します。

14.jpg13.jpg
12.jpg11.jpg
15.jpg9.jpg
8.jpg7.jpg
10.jpg4_201412171746411fe.jpg
3_201412171746406e1.jpg5_201412171746360b2.jpg

普通の小龍包にカニ味噌小龍包、ヘチマの小龍包などバリエーションも豊富でこれだけ食べに来たいっていう娘の気持ちもわかります。

有名な夜市は、まさに昔のアメ横。 左右に並ぶ屋台に雑貨屋、洋服屋が延々と続きます。

IMG_0250_201412172126370aa.jpg


狭い通りのおしくらまんじゅうな大渋滞の先には、通りの真ん中にシートを敷いて洋服を並べて売っていたり、通りの真ん中に屋台を持ち出してモチを焼いていたりと、もうやりたい放題。怒る人もいませんからアジアの混沌ってのはこんなもんなんでしょう。




 荻窪生活研究所 1.jpg

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2014⑧ パドルサーフィン 飲茶にダイヤモンド <旅行研究室>

IMG_0884.jpg

ハワイに来たら早起きは3文の得って言いますから、頑張って早朝のワイキキ散歩に繰り出します。
朝のひんやりして澄んだ空気が気持ちいい、ビーチ沿いの遊歩道をニューオータニカイマナビーチあたりまでゆっくり歩いて15分ほど、マラソンマン達が次々に追い越していきます。

IMG_0906_2014092720594790e.jpg

日中と違って日差しが柔らかくって、まだ冷たい波間を渡ってくる風に思わず深呼吸、後ろを振り返るとワイキキのホテル群が朝日を浴び始めています。 

IMG_0892.jpg

このビーチウォーク沿いにあるのがベアフットカフェ。 最近よく紹介されている海辺のおしゃれなカフェ、というより海辺の売店だねこりゃ。

IMG_0914.jpg
IMG_0916.jpg

ロコのお兄ちゃんたちがめんどくさそうにやっていて、大丈夫かねと心配になりますが、とりあえず大好物のシナモンフレンチトーストとコーヒーを注文です。
お店のテーブルもありますが、周りは全部公園ですから、海に近いベンチで今日の朝めしタイム。

IMG_0926.jpg

うん、見た目と違って美味しいよ! シンプル、シンプル。
海辺を散歩して、途中で朝ご飯食べて、あ~、そんな老後が送りたい!

IMG_0919.jpg
ちなみに、ワイキキサークルのエッグスンは、早朝行列。
IMG_0936.jpg


さて、今日のメニューは、ヒルトンのラグーンでパドルサーフィン、還暦が近くなったジジババですから、かなりのチャレンジです。

DSC01067.jpg

ヒルトンのラグーンは、実は海とはつながっていなくて、ヒルトンホテルが水の浄化などをして管理しています。 
でも、魚もたくさん泳いでいるし、水も綺麗だし、たいしたもんです。
それでもここはパブリックビーチなので誰でもオッケイ、アラモアナ側のヨットハーバーの周りに駐車場があります。

ここの隣の海側のビーチがデュークカハナモクビーチ、最近全米ベストビーチに選ばれたそうなので、そりゃ一度泳いどかなきゃね。

DSC01070.jpg

ワイキキビーチサービスのカウンターでパドルボードをレンタルして、ラグーンに漕ぎ出します。
こりゃ思った以上に浮力があって、サーフィンというより、もう船だね 、楽勝だ。

まあ、波の静かなラグーンだからなんですがね。 ちゃぽちゃぽ波音を立てながら、するする進む爽快感に奥様大興奮、いいおばさんがキャーキャーうるさいうるさい。
騒いだ挙句に沈しちゃって大事なサングラスが水没、私がダイバーで探す羽目目に。 まったくもう!見つけるのに15分もかかったぜ。

DSC01110.jpg
DSC01124.jpg

子供を乗せた親子づれや、黙々と漕いでるじいさんやら、結構いますねパドルサーファー。 
日本でも江戸川あたりで見たことありますが、さすがにこのボードは重くって、買って帰るわけにはいかないなぁ。

DSC01164.jpg

ラーグーンの周りには、芝生や木陰があってここも快適、デュークカハナモクビーチ側はワイキキで一番広~い砂浜が広がっていて、これ、夜のうちに平らにならしてありますね、手入れが行き届いてます。

DSC01128.jpg

そういえばワイキキの中心は、年々砂浜が浸食されていて、シェラトンやハレクラニの前は、すぐ海。 
サーフライダーの前あたりも細々としか砂浜が残っていなくて、その上、海に入ると急に深かく掘れちゃって、石もごろごろ。 
もともと人口の砂浜なので維持するのが大変なんでしょうね。

DSC01141.jpg

白い砂浜に白いパラソルが並んで、リゾートムード満点。 コーヒーショップやシャワーも完備してあって、ワイキキエリアで泳ぐのなら、お勧めのキレイなビーチであります。

DSC01157.jpg



さて、年甲斐もなく騒いでお腹がぺこぺこ、お昼はダウンタウンに飲茶食べに行きます。
サウスベレタニア通りからヌアヌ通りへ左折した右手にあるのがメイサム・ディムサム、一日中飲茶の食べられるお店です。 クルマは、サウスベレタニア通りから入る地下駐車場があります。

IMG_0970.jpg

まあ、なんともそっけない店内ですが、メニューは写真付きで迷いません。 飲茶はワゴンが回ってきて、いろんなせいろの中身を見せてくれますから、これとこれって指させばオッケイ。 

IMG_0963.jpg
IMG_0955.jpg

そのほかのメニューも壁に貼ってあって、英語と中国語で書いてありますが、なんとか予想はつきます。

定番のエビ蒸し餃子やニラ餃子、ホタテ焼売など2人だと5つも頼んだらけっこうな量。 何かご飯ものもと壁に貼られたのメニューから「干しエビと卵白のチャーハン」を注文。
 
IMG_0953.jpg
IMG_0959.jpg

出てきてびっくり、どうみても2人まえ、予想はしていたけどすごい量だ! どうするこれ。
でも、ひとくち口にして2人とも顔を見合わせて、
「うひゃ!コレおいしいい!」

IMG_0965.jpg

干しエビの控えめなうまみにあっさりした卵白が絡んであっさりふっくら、優しい美味しさ。これいくらでも食べられそう。 
ハワイでこんなにおいしい中華料理が食べられるとは、思ってもいませんでした、じゅうぶん横浜中華街レベルです。 
2人して夢中で食べてもそこはハワイサイズ、半分ほどはお持ち帰りとなりました。


飲茶やのワンブロックはす向かいにあるのがハワイシアター、映画館です。 

IMG_0985_20140927212220371.jpg

映画を見る時間はないんだけど、この映画館のミッドセンチュリー風の建物を写真に収めておきます。 雑誌のグラビアによく登場するだけあって、絵になる映画館でありました。


今日のワイキキサンセットは、いつもに増して格別。 オレンジじゃあなくって燃えるような赤、行く夏を惜しむようです。 

IMG_0867_20140927212752acb.jpg




で、今夜もプレートランチ!

IMG_1014.jpg

いやね、レストラン代をケチるわけじゃあないんですが、アランウォンズ、ロイズ、ウルフギャング、それにオンザビーチのホテルのダイニングと、そりゃ美味しいレストランはたくさんありますが、そういった「洋食」なら、TOKYOで食べた方が美味しいでしょって思うわけです。
プレートランチごはんは、ハワイで食べるから美味しいってのもありますよね。

IMG_1021.jpg

ブルーベリーチーズスコーンで有名なダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル、ここのプレートランチもハイレベル、絶対のおすすめは、全部入りのサーフ&ターフです。
ガーリックシュリンプにアヒのソテー、これサーフチーム。ターフチームは、バーベキューチキン、ちゃーしゅーに、もちろんビーフも。

IMG_1028.jpg

これだけ入っていても全部違った味付けでぜ~んぶうまい! それに別パックでロメインレタスのサラダがついてきますが、これがシャッキシャキ!さわやかな甘さのパイナップルドレッシングでため息が出るくらいの美味しさ、今回のハワイでダントツのベストサラダです。

IMG_1026.jpg

お昼にお土産にしたチャーハンと一緒に、今夜もワイキキを見晴らして贅沢ディナー、
うふふふ、幸せです。

IMG_1024.jpg

 







 荻窪生活研究所  IMG_0869.jpg

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2014⑦ ロンギーズに美術館にココヘッド <旅行研究室>

IMG_0675.jpg

アラモアナSCのもう一つの素敵なレストランがロンギーズ、一番ワードセンターよりの屋上駐車場から専用エレベーターで上がります。

チェッカー模様の床がベルサイユ宮殿っぽくて、壁はすべてオープンで、アラモアナビーチからの風が抜けてい行きます。 天井では大きな扇風機がゆらゆらとまわっていて、ウェイターさんはイケメン、なかなかリッチな感じですね。

IMG_0669.jpg

連日食べすぎのお腹を休めるため、シンプルなバターパンケーキとエッグベネディクト、それにコーヒーね。 周りではリッチそうな外人さんが、なにやら不動産の取引の話をしています。

IMG_0652.jpg

そういえば、この周りも建設ラッシュで、ロンギーズの海側の駐車場も解体中、ビルが建つ様子ですし、ワードセンター側にはコンドミニアムの建設が進んでいます。 
こうしてゆっくり朝のハワイタイムを満喫するなんてのも、昔話になる日が近いかもしれません。
さあ、出てきたパンケーキがデカイ!分厚い! 

IMG_0667.jpg

それでもプレーンパンケーキだからねと一口食べて、こりゃ肉の味がする! 濃厚バターで焼いたのか、はたまたステーキ焼いたフライパンで焼いたのか、ともかく肉っぽさたっぷりのこってりパンケーキ、完食は断念します。

IMG_0663.jpg

一方のエッグベネディクト、でっかいバケットに乗ってるじゃありませんか。 奥さまはだから言ったじゃないっていうんですが、聞いてないよ~。 朝から強烈にお腹いっぱいです。 



 
IMG_0680.jpg

今日のメインイベントは、ホノルル美術館。
ホノルルには3軒ほど美術館がありますが、今日はサウスベレタニア通りのホノルル・ミュージアム・オブ・アーツ、駐車場は通りをはさんだ反対側にありますが、満車になることが多いようです。
料金は10ドル、ちょうど日本語ガイドさんの無料ツアーが始まったところにちゃっかり合流、ラッキーです。

IMG_0743_20140925234551614.jpgIMG_0724.jpg
IMG_0706_20140925234500c10.jpg

回廊でつながった古いお屋敷のような館内は、思った以上に広くてりっぱ。ハワイにあることがちぐはぐに思えるくらい、しっかりとした美術館です。 
数こそ多くはありませんが、宗教画からルネッサンス、現代美術まで各時代の絵画や彫刻が展示され、ハワイをテーマにした展示室や、アジア美術、中東の美術など、地域、カテゴリーごとに展示室が作られて見応え十分です。

IMG_0769_20140925234612cb7.jpg
IMG_0740_201409252345508b4.jpg

途中をつなぐ回廊は風が吹き抜けてさわやか、ところどころにある中庭がフォトジェニックです。
おしゃれなレストランも併設されていたのですが、さっきのパンケーキがお腹に詰まってるので、中庭のカフェでエスプレッソをいただきました。

IMG_0764_20140925234548b90.jpg
IMG_0772_20140925234614fb0.jpg
IMG_0788.jpg
IMG_0790.jpg
 
ハワイらしい植え込みにシェイドを通した柔らかい光が差し込んで、ゆったりと時間が流れます。
日本の美術館じゃあ、新聞の景品なんかでチケット配るもんだから行列が当たり前ですが、ここはがらがら、半日ゆっくり楽しめました。




IMG_0837.jpg

絵を見た後は、花見に行こうと、ココヘッドのボタニカルガーデン、プルメリアやブーゲンビリアが咲き乱れる植物園であります。
H1ハイウェイを東向きに30分ほど、ハナウマベイの手前のココマリーナで遅い昼食、ヨットハーバーのモエナカフェです。

IMG_0828.jpg

こじんまりした地元のカフェ、お勧めはロコモコとシナモンパンケーキ、またパンケーキ?でもシナモンパンケーキ食べときたいです。

ココのロコモコは、ハンバーグじゃあなくってサイコロステーキが隠れていて、グレービーじゃなくってデミグラスソース、ちょっと上等な味付けで奥様絶賛! ペロッと召し上がってました。

IMG_0816.jpg
IMG_0824_20140925234635ab1.jpg

渦巻き模様にクリームチーズソースがかかったシナモンパンケーキは、まさにシナモンロール味。シナボン好きとしてはたまりません、おいし~。 

甘いのと一緒に食べようと注文したサイドメニュー、ローカルポテトのグリル、これが最高! カリッとしてしっかりポテトの味が濃くって絶妙の塩味、あっさり完食です。

IMG_0821_201409252346417d6.jpg
IMG_0827.jpg

ココマリーナから潮吹き岩や、マカプウポイント、ボディサーフィンの有名スポットサンデービーチなんかをひやかしながら、ボタニカルガーデンへ。
そういえば、17~8年前に小さかった子供たちとサンデービーチで、波を相手に大騒ぎしていたのを思い出しました。 

DSC01053.jpg

ココヘッド・ボタニカルガーデンは、植物園と言ってもただの山に木が生えてるっていう、いわばトレッキングルートみたいなもん。ドリンクをしょって歩き出します。

IMG_0849.jpg

前半は、プルメリア、フラダンスのレイを作るハワイじゃあポピュラーな花です。 ベストシーズンにはこんなもんじゃないんだそうですが、まあいろんな種類の花が咲いています。

DSC00984.jpgDSC01039.jpg
DSC01035.jpg
DSC01027.jpg
DSC01034.jpg
DSC01037.jpg

日本じゃあ鉢植えのイメージのブーゲンビリアですが、ハワイじゃあ木に育ちます、3メーター以上も。 あったかいところだと、植物も人間もでっかくなるってことが実感できるね。



帰りは、カハラモールで、奥様はまたしてもメイシーズ、よく飽きないよね。
ここのシーズキャンディ、70年代に大学生の時にお土産に買ったころと何にも変わっていません。チョコなのになんでキャンディ? 私たちにとっては、ゴディバなんかよりよっぽど年季が入ってます。
IMG_1177[1]

シーズキャンディのピーナッツブリットル、バターキャラメルにピーナッツがごろごろ入ったやつなんですが、食べだしたらきりがありません、たぶんすごいカロリーなんですが・・・・・・




今日もよく遊んだねぇ、まだまだ続きます。




 荻窪生活研究所   IMG_0798_20140925234638277[1]

| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2014⑥ マリポサ ステーキ スーパームーン <旅行研究室>

IMG_0399_20140925224138b21.jpg

 さすがに連日よく食べたもんで、少しばかり寝坊して今朝は、パパイヤとコーヒーで済ませます。

今日のランチは、アラモアナSCのマリポサ、ここも恒例、テラスの席をお願いねって予約したんだけど?、シュア!大丈夫よって。
シェイド越しにアラモアナビーチのヤシの木が揺れていて、う~んここがベスト・テーブル・イン・ハワイだね。 ぜひ明るいランチタイムをお勧めします。 

IMG_0389.jpg

奥さまは、マリポサ・シグネチャーカクテル、グリーンのメロンがさわやか。 私はサボテンジュースのテキサスクーラー、このまっピンクが楽園っぽくってお味は、スイカときゅうりとレモンを合わせた感じ。

IMG_0375.jpg
 
いつものロブスタークラブサンドイッチとローズマリー&ガーリックのポークチョップ、もちろんお目当てのポップオーバーとストロベリーバターも出てきます。
ロブスターたっぷり、カニもたっぷり、アボガドにベーコン、たっぷりのマヨネーズ、やっぱり美味しゅうございます、100点です。 

IMG_0393.jpg

ポークチョップは骨付きポークのソテー、やわらかーくって、ちょこっと効いたにんにく風味が絶妙。添えられたミラノ風ドリアが名コンビです。

IMG_0396.jpg

清潔なテーブルセッティングも、ウェイターさんたちのリゾート感いっぱいのホスピタリティも心地よくって、柔らかい午後の日差しの中でゆっくりと時間が過ぎていく幸せなランチタイムです。


アラモアナSCは、ところどころの改装も済んでとってもキレイ。 ノードストロームに続くテラスや、各階にあるオープンカフェもセンスが良くって、日本のショッピングセンターとは大違いですね。

IMG_0368.jpg
IMG_0365.jpg

ここでも奥様は、お気に入りのメイシーズ探索、たっぷり2時間散歩させられました。
「嵐」のコンサートの直前だったので、アラモアナSCにも特大のポスターが登場。なんでも日本からのツアーの売れ行きが芳しくなくって、こちらでもチケットを売り出すそうですが、ハワイの方はそれほど「嵐」を知らないそうです。

IMG_0363.jpg
IMG_0402.jpg

またまたワードセンターへ寄ったり、新しくできたパンヤビストロでお茶したりで、あっという間に晩御飯。 カパフルのグッドトゥグリルで名物プライムリブをいただきます。

ブロックのローストビーフを分厚くスライスして、キベアの炭焼きでさっと焼き上げるこちらのプライムリブ、お肉をガッツリ行きたい時はここに決めています。 

IMG_0440_201409252241425b0.jpg

ところが今日は様子が違って、グリル担当の兄ちゃん、おもむろに冷蔵庫からステーキのスライスを取り出したぞ! おいおい、いつものローストビーフのブロックは、どうした?
心配が的中して、出てきたのはプライムリブというより、かなり普通のステーキ、食べてもとろける感じが足りない、やっぱりステーキだ。

IMG_0444_20140925224157cd5.jpg

まあ、ステーキとしては美味しいんですが、期待が高かっただけにねぇ、これじゃあリピートも今回限りか? ずっとこうなのか今日だけなのか、とっても微妙なグットトゥグリルでした。


さて、今夜もワイキキナイトライフ、お気に入りのロイヤルハワイアンホテルのマイタイバーを訪ねます。 オンザビーチのホテルバーでは、ここが一番静かでムーディで、その上すぐ横が砂浜、最高のロケーション、幸運にもビーチサイドの去年と同じ席が空いて、いうことなしです。

IMG_0614.jpg

聞けば、今日はスーパームーン、お月様が最接近する満月だそうで、どうりであたりが明るいですね。 ダイヤモンドヘッドに上るスーパームーン、思い出に残る絶景でした。

IMG_0628.jpg








 荻窪生活研究所 IMG_0430.jpg 



| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2014⑤ カイルア・カイルア・カイルア <旅行研究室>

IMG_0462_2014092423260093f.jpg

カイルアのブーツ&キモズと言えば、ワイキキのエッグスンシングスと並んで知名度ナンバーワンのパンケーキのレストラン。
観光客で一日中長蛇の列って言うけど、並んでまで食べるほどじゃないんじゃないの?とこれまで行ってませんでした。
でも、食べてもいないのにどうこう言っちゃあいけませんと、早起きして8時ちょっと前に初訪問してみました。 

IMG_0454_20140924232538c8d.jpg

あれ?今日は休みか?ってくらい誰もいなくて拍子抜け、もちろん待たずに即テーブルへ。
ところが、注文を済ませるころには、来るは来るは、ワイキキからと思われるツアー客であっという間の大行列。
きっとホテルのロビーに7時集合ってツアーなんだね。

IMG_0460.jpg

看板メニューのマカデミアナッツ・パンケーキは、白くてフワフワのパンケーキにクリーミーなマカデミアナッツソースがたっぷり、こりゃ甘すぎんじゃないの?の予想に反して「こりゃいける!」

IMG_0458.jpg

パンケーキは、焦げ目をつけずにともかく柔らかい焼き上がり。甘さかなり控えめで、ちょっとの塩味がアクセント、で、そこに見た目よりずっとあっさりしたマカデミアナッツのソースがからんで、こりゃ行列ができるわけです。多すぎるかと思ったソースも、パンケーキ3枚にはちょうどいい量、なるほどです。

IMG_0457_201409242325407ec.jpg

もう一つのシグネチャーメニューは、ホウレンソウのオムレツ。こってりばかりのハワイにあって、ほっとするあっさり味、疲れてきた胃にやさしい普通の美味しさであります。
いやはや、評判通りのパンケーキに大満足、こりゃ早起きしても元取れますよ。


IMG_0477.jpg

おなかが膨らんだら、カイルアビーチへ GO ! なんですが、その前にカラパワイマーケットでドリンクとスナック、それと美味しいカラパワイコーヒーを仕入れます。この雰囲気がなんともイイかんじです。

IMG_0472_201409242326017bd.jpg



カイルアビーチは、エメラルドグリーンの海に真っ白い砂、いつも通りにまさに天国。 ここはビーチに木陰があるので、ゴザだけ敷いて一日中のんびり過ごせます。

DSC00932.jpg

タンデムカヤックで沖の島を目指そうかと思ったのですが、今日は風が強そうなのでのんびり昼寝を決め込みます。
またしても昼寝、これが極楽なんです、ぜひやってみて、このためにハワイに来たいって思うくらいの極楽ですよ。

DSC00903.jpg
DSC00934.jpg
DSC00966.jpg


遅いお昼は、ナポリピザの店、プリモへ。 キベアの炭焼窯が評判のカイルアらしいシンプルな店構えが素敵です。

IMG_0525.jpg
IMG_0516.jpg

定番のマルゲリータとサラダをシェア、ずっと飲んでみたかったワイアルア・ソーダのマンゴゥ味は、透きとおった見た目通りのすっきりナチュラルな飲み心地でした。 

IMG_0517.jpg

さて待ちにまったマルゲリータは・・・・・焦げすぎじゃない?これ。
東京だったら間違いなくやり直しって言っちゃうくらいのウェルダン、う~んこれだとリピートは・・・ないな。

IMG_0522_2014092423262499d.jpg



それじゃあ、口直しにとホールフーズの駐車場を渡って、クレープ・ノ・カ・オイへ。
相変わらずおしゃれな店構え。グルメの受賞実績もあるコチラならはずれはないので、チョコバナナとシナモンチョコのデザートクレープを。 

IMG_0552.jpg
IMG_0555_201409242326492c8.jpg
IMG_0556.jpg

去年よりちょっと値上がりしたなと思ったら、ずいぶんおっきなクレープになっていて、かなりのボリューム、美味しゅうございました。


おなかいっぱいで隣に目をやると、クールなショップができてますツゥインアイランド。
カイルアの島をデザインしたTシャツなんかがいいセンス、2人そろってお買い上げです。
IMG_0564.jpg
IMG_1115_201409242344211d0.jpg
IMG_0568.jpg
店の前の自転車置き場もイケてます。


自然食ブームやメイドインハワイブームも手伝って大人気なのがホールフーズマーケット。ココのキャンパス地のトートバックは、形もプリントも今年一番の出来だねとお買い上げ。
なんだかんだとお土産物も、ここでそろいます。

IMG_0571.jpg
IMG_0538.jpg
IMG_0540_20140924232629d92.jpg

ちなみに、カイルアには野良ニワトリがたくさんいます。いわば野生です、なんででしょうね?
IMG_0570.jpg



日も暮れかけて一日よく遊びました。帰りは何十年ぶりかでヌアヌパリのビューポイントを訪ねます。 
パリハイウェイから5分ほど山に入った展望台は、カメハメハ大王の戦争時代には、何百人も崖から落とされたっていう伝説の場所。一年中海からの強風が吹きつけています。

IMG_0578.jpg

山の中で物騒なのか、ポリスカーが常駐して見張っておりました。やっぱりそのあたりは日本とは違います。



さて今夜は、ワイキキの商店街へ繰り出すぞってんで、ついでにロイヤルハワイアンセンターのフードコートで晩御飯を済ませます。
 
IMG_0592.jpg

二人ともやっぱり選んじゃうのは、パンダエキスプレス。これも食べとかなきゃねぇ!
定番のオレンジチキンとウォールナッツシュリンプ、やっぱり美味しい、カリカリの揚がり具合がたまりません。

IMG_0581.jpg
IMG_0582.jpg

ブロッコリーとビーフの炒め物はオイスターソース味、それにインゲンとチキンの炒め物、今まで食べたインゲンの中で一番ってくらい美味しくて思わず固まりました。 サイドは、ハーフ&ハーフでライスに焼きそば、チャーハンに野菜炒めのフルラインナップ。 
フォーチュンクッキーも付いて、これで8ドルほどは、大満足です!


IMG_0604.jpg

おなかがいっぱいになったら、まだまだやることだらけの夜のワイキキに出撃です。







 荻窪生活研究所  IMG_0541.jpg






| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハワイ2014④ ワイケレからパールリッジでお買い物 <旅行研究室>

IMG_0225.jpg

今日は、ワイケレアウトレットからパールリッジあたりで奥様のお買いものデイ、その前に久しぶりにKCCファーマーズマーケットで朝めしです。
8時ころに到着してみたら、いや~すごい人人人!日本人だらけ! どのガイドブックにも載ってるし、ワイキキからのツアーもあるようですね。

IMG_0247.jpg
ハワイアン・ホワイトハニーって白いはちみつがちょっとブームに。
IMG_0264_2014092421125097f.jpg
このシナモンパイは、買占めちゃいたい美味しさです。 

ワードセンターやワイキキのハイヤットリージェンシー、パシフィックビーチホテルでも週二回ほどマーケットが開かれるようになっていて、今ハワイは、ちょっとしたファーマーズマーケットブームです。

IMG_0238.jpg
見た目もにおいも、そそるのです。

美味そうなプレートランチ屋でバーベキュービーフってのを選んだら、自由に使えるゴザまで用意してあって、サービス満点、みんな思い思いの場所で朝めしを楽しんでいます。 

IMG_0258_2014092421122324a.jpg
IMG_0261.jpg
朝からピクニック。

ちなみにバーベキュービーフは、BBQソースのかかったコンビーフって感じでかなり大味でございました。

IMG_0265.jpg
カウコーヒーのコナコーヒー100%のコーヒーゼリー、めちゃウマです!!

そうそう、クルマでKCCへ行く方は、KCCの西側の坂を上りきった右側にある駐車場なら、並ばずに停められますからお勧めです。



さて、ひところ注目されていたワイケレアウトレットですが、最近はあまり話を聞きませんよね。 どんなもんかと初めて訪問、奥様はやる気満々です。
 
IMG_0281.jpg

さぞ広くって一日がかりかなと覚悟していたのにあれあれ?イオンのショッピングセンターの方がよっぽど広いぞ。 いまや日本中にできたアウトレットセンター経験者としては、拍子抜けです。

IMG_0284.jpg

とはいえ、ワイケレプレミアムアウトレットと隣接するワイケレセンターをひやかして、なんだかんだで奥さま大満足のご様子。バックなどのアメリカンデザイナーズブランドは、確かにお買い得でした。
IMG_0285.jpg
レナーズのマラサダ・バン見つけちゃうと、とりあえず食べときます。


ワイケレからクルマで15分ほどでパールリッジ、小腹がすいてアイホップでパンケーキのおやつ。
ワイキキのお店とはうって変わって心細くなるくらいに日本人度ゼロ、昔ながらのアメリカンなファミレスです。 名物のパンケーキは、とにかく普通、まさに彼らの主食て感じでしたね。
 

IMG_0306_20140924211318c5e.jpg
IMG_0303.jpg

アイホップの隣のパパジョーンズ、聞いたことあるけどなんだっけ? 
そうそう、「LIFE」の映画で主人公がバイトしてたっていうピザのチェーン店だよ、ほんとにあるんだねって、とりあえず記念写真ね。 

IMG_0300.jpg



さてお次は、パールリッジセンター山側のデパート、メイシーズを攻撃。 
メイシーズは、とっても庶民的でリーズナブルなデパートで、ワイキキ、アラモアナ、カハラ、カイルア、パールシティと方々にあります。 
毎週セールのチラシが新聞に入って来るし、ツーリストは10%OFFになったりと年中バーゲンなお店です。
いろんな割引が重なったりするもんで、店内には、商品タグのバーコードリーダーが設置されていて、これで今日の値段がわかります。
なんでも、ここがハワイで一番お買い得らしく、アクセサリーに洋服にバックにと、奥さま大興奮で「こりゃ全部のお店行かなきゃ」って、少しはスケジュールも考えてね。
 
IMG_0307.jpg

買い物ディの最後は、ワードセンター周り。 ノードストロームラックやTJマックスが入る新しいビルが出来ていて、また進化しています。
なんでも、これからこのエリアにコンドミニアムが幾つも建つそうで、ずいぶんと様変わりしそうなカカアコ地区であります。
で、今夜のご飯を、カカアコキッチンで調達して帰ります。

IMG_0310.jpg

うわさにに聞いた評判のビーフシチューはコンビプレートで、相方は醤油チキンをチョイス。 奥さまは、定番のトゥデイズ・キャッチ、今日はアヒのソテーです。
いつもボリューム満点のカカアコキッチンですが、今日は受け取ってびっくりするほどの重さ!
ビーフシチューがこれでもかってくらい入ったうえに、醤油チキンもいったい何人前だよって大盛り、こりゃひとつで良かったね。

IMG_0322.jpg
IMG_0330.jpg

ビーフシチューは評判通り、お肉も野菜もじっくり煮込んであってとっても弁当屋の味じゃあありません。 醤油チキンは、八角やらいろんな香辛料の隠し味で、こちらもレベル高くてご飯が進みます。
アヒのソテーは、素材の新鮮さがうれしいミディアムレアな焼き加減で、和風の味付けがお腹にやさしくて、さくっと完食でした。 

IMG_0342_201409242113414e1.jpg

いつもの重量級のコブサラダも手伝って今日もコナビールが進む進む、ハワイなら美味しいご飯はとってもリーズナブルであります。




 荻窪生活研究所  IMG_0232.jpg




| 旅行研究室 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。